姫路市立美術館

姫路城の東、姫路城の中曲輪(なかくるわ)に位置するのが姫路市立美術館。明治38年築の赤レンガ2階建ての見事な建物は、旧陸軍第10師団の兵器庫、被服庫を再生したもの。前庭には彫刻を配し、野外彫刻美術館のようになっています。国の登録有形文化財(旧第十師団兵器庫)に指定の建物自体も美術品のように素敵です。

旧陸軍の兵器庫を利用した赤レンガの美術館

前庭に置かれた『うずくまる浴女』(アントワーヌ・ブールデル)

収蔵は、青山熊治、松岡映丘など、兵庫ゆかりの画家をはじめ、彫刻、工芸などのほか、姉妹都市であるベルギーの美術コレクション、ロダン、ゴヤなど多彩です。

常設展示室(國富奎三コレクション室)では、モネやマティスなど、國富奎三氏寄贈の近代フランス絵画約50点も展示。
また緑豊かな芝生には、『モントーバンの戦士』、『うずくまる浴女』(アントワーヌ・ブールデル)などの彫刻なども配され、散策に最適です。

ちなみに建物のレンガは「東洋のマンチェスター」と呼ばれた堺の大阪窯業(明治15年に硫酸瓶製造会社として創業、堺分工場はレンガ製造に特化した明治21年完成/現在の住友大阪セメント)、岸和田の岸和田煉瓦(明治5年、岸和田藩の練兵場跡に山岡尹方が創業)のレンガ工場で焼かれたもの。
丸に三本の線の入った刻印(大阪窯業)などから判明したもので、当時、西日本ではこの2社がレンガ製造の中心でした。。

「姫路市立美術館・前庭」は、シロトピア記念公園・ふるさとの森、景福寺公園、名古山・霊苑高台公園、手柄山・緑の相談所広場、姫路城三の丸広場、増位山・市道白国増位線ポケットパーク、大手前通り・JR姫路駅前、城見台公園、男山配水池公園と並んで「世界遺産姫路城十景」に選定されています。

夜は姫路城とともにライトアップされて、デートスポット、被写体としても人気です。

姫路市立美術館 DATA

名称 姫路市立美術館/ひめじしりつびじゅつかん
Himeji City Museum of Art
所在地 兵庫県姫路市本町68-25
関連HP 姫路市立美術館公式ホームページ
電車・バスで JR・山陽電鉄姫路駅から徒歩20分
ドライブで 山陽自動車道山陽姫路東ICから約9km
駐車場 市営姫山駐車場(250台/有料)
問い合わせ TEL:079-222-2288/FAX:079-222-2290
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ