カモメの駐車場(佐久島)

カモメの駐車場(佐久島)

愛知県西尾市、三河湾に浮かぶ佐久島の大浦海水浴場に突き出した石積み堤防に配されるアート作品が、『カモメの駐車場』。愛知万博地域連携プロジェクト事業「木村崇人展 続・佐久島で地球と遊ぶ『見えない力』」の作品を常設展示したものです。

大浦海水浴場に石積み堤防に60羽のカモメが並ぶ!

カモメの駐車場(佐久島)

大浦海水浴場の石積み堤防の上に60羽のカモメが設置され、風によって風見鶏のようにクルクルと回転する仕組み。
一見すると本物のカモメのようですが、島の人の話では、冬場にはユリカモメたちがこんな感じに防波堤に並ぶこともあるんだとか。
名古屋市内天白区出身で、幼いときには裏山の湿地帯で遊んでいたという木村崇人(きむらたかひと)は、「地球と遊ぶ」をテーマに「地球」や「自然」の力をエネルギーと捉え、目に見えない地球の力を現象として視覚化する装置を作品として制作。
「風の強い日に同じ方角を向いていたカモメの群れ」を見て、その光景を作品にしたもの。

平成15年に佐久島で発表された第1回木村崇人展『海の風見鶏』を鳥の数を3倍に、そして常設化のため材質も風雨に耐えられるものにバージョンアップしています。

佐久島の島内には、石垣海岸(しがけかいがん)に設置され、劇場版『名探偵コナン 天空の難破船』(平成22年公開)にも登場の『おひるねハウス』(制作・南川祐輝)、大島桟橋ポケットパークの『イーストハウス』(制作・南川祐輝)、筒島(弁天島)入口の『佐久島の秘密基地/アポロ』(制作・POINT/長岡勉+田中正洋)など数多くのアートが配されています。

ちなみに、女木島の玄関口、女木港のコンクリート防波堤と防潮堤の上にも『瀬戸内国際芸術祭』の一環として300羽のカモメが並ぶ『カモメの駐車場』が設置(12月〜翌3月は強風のため撤去)。

カモメの駐車場(佐久島)
カモメの駐車場(佐久島)
名称 カモメの駐車場(佐久島)/かもめのちゅうしゃじょう(さくじま)
所在地 愛知県西尾市一色町佐久島古々畑17
関連HP 西尾市公式ホームページ
電車・バスで 一色港(一色さかな広場)佐久島行船乗り場から高速船で20分、東港下船、徒歩10分
ドライブで 南知多道路半田ICから約19km、東名高速道路岡崎ICから約28km、東名高速道路音羽蒲郡ICから約32kmで一色港(一色さかな広場)
駐車場 一色港駐車場(無料)を利用
問い合わせ 西尾市佐久島振興課 TEL:0563-72-9607
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ