御座石神社

御座石神社

秋田県仙北市、田沢湖の北岸にあり湖神でもある辰子姫を祀る神社が御座石神社。湖が田沢潟と呼ばれていた頃、絶世の美女といわれる娘が、自分の若さと美しさを永遠にとどめたいと百日百夜の願を掛けました。満願の夜、大蔵観音のお告げにより、山に湧く水を飲むと、飲めば飲むほど喉が渇き、ついには龍に化身したいう伝説が残されています。

藩主が座った石が社名の由来に

慶安3年(1650年)、秋田藩主・佐竹義隆(さたけよしたか)が田沢湖を遊覧した際、腰をかけて休んだことに由来する社名で(明治44年の蛭見神社、浮木神社合祀までは龍神社と称していました)、佐竹義隆が社殿を建立しています(天保年間にも秋田藩が社殿を再建)。
佐竹義隆は、秋田藩の藩制を確立、新田開発など藩内の産業発展に尽力した藩主です。

本殿には龍の姿をした像が安置され、境内には下半身が龍となった辰子座像、1本の木から7種類の木が生えた「七色木」や、辰子姫が飲んで龍となった「潟頭の霊泉」、辰子姫が姿を映した「鏡石」などがあります。

社務所では美人祈願や縁結びのお守を授与。

御座石神社
名称 御座石神社/ござのいしじんじゃ
所在地 秋田県仙北市西木町西明寺潟尻
関連HP 田沢湖角館観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR田沢湖駅から羽後交通バス田沢湖一周線で、御座の石神社前下車、徒歩1分
ドライブで 東北自動車道盛岡ICから約48km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」 TEL:0187-43-2111/FAX:0187-43-2077
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
田沢湖

田沢湖

秋田県仙北市にある巨大なカルデラ湖が田沢湖。最大深度は423.4mで日本でもっとも深い湖で(2位支笏湖、3位十和田湖)、世界最深の湖に例えて「日本のバイカル湖」とも呼ばれています。深く水を湛えているため、冬季も結氷することがありません。湖の

鏡石

鏡石

秋田県仙北市、田沢湖北岸にある御座石神社の背後に続く遊歩道を約300mほど登ると鏡石があります。田沢湖の主、辰子姫がまだ主にならない頃、この山中で山菜採りした際、岩の反射を利用して姿を映し化粧に使ったという岩です。露出した巨岩に、表面が平ら

御座石

御座石

秋田県仙北市、田沢湖北岸の湖畔にある名所、御座石。御座所の石(岩場)という意味を有する石で、慶安3年(1650年)、秋田藩2代藩主・佐竹義隆(さたけよしたか)が田沢湖を遊覧した際、この広い岩場に腰をかけて休んだことがその名の由来に、御座石神

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ