弥助そばや

弥助そばや

秋田県雄勝郡羽後町西馬音内(にしもない)の老舗そば店、弥助そばや。文政元年(1818年)創業、「西馬音内そば」発祥の店。創業者・金弥助さんが江戸時代後期、大坂で盛んだった砂場(すなば)系統のそばを学び、故郷・西馬音内で創業したのが始まりと伝えられています。

西馬音内の冷やかけそば、元祖の店

農家の七男に 生まれた弥助は、10代で西馬音内を出て、旅の途中で大坂のそば屋で奉公。
そこで「冷やがけ」の技術を習得し、帰郷して間もなくそば屋を開店したのが「弥助そばや」の始まり。
江戸時代から続く老舗のそば屋の源泉は砂場(すなば=大坂)、更科(さらしな=信州)、藪(やぶ=山形)の系統で、それが現代の「三大のれん」となっていますが、江戸時代後期には、砂場系が江戸や、東北にも進出しているのです。

ただし、「砂場そば」と大きく異なるのは、土地の特徴を活かして改良を重ね、そば粉のつなぎに布海苔(ふのり=海藻)を使い、のどごしの良さと、麺にコシを生んでいる点、そして冷やかけであること。
「西馬音内そば」は、冷たい蕎麦に、冷たいスープをかける冷やかけそば。
温かいスープに浸すと、蕎麦がふやけてしまい、独特な風味が損なわれるからで、雪が降りしきる冬でも、冷やかけそばなのです。

「弥助そばや」の当主・金昇一郎さんは、6代目にあたり、「西馬音内そば」7軒のうち、「弥助そばや」の流れを汲むのが、「松屋」、「そば処信太そばや」、「小太郎そばや」の3軒です。

「弥助そばや」も土日にもなると、用意したそばが早々に完売する名店ですが、店の規模は小さいまま。
「今の場所は、湧き水が豊富なのです。この水を使わないと、うちの味は出せない」(金昇一郎さん)というこだわりで、この場所を離れることができないのだとか。
代々伝わる製法を継承し、そば作りの研鑽を重ねた金昇一郎さんは、羽後町の文化功労者にもなっています。

ちなみに、西馬音内の『西馬音内盆踊り』は、日本三大盆踊りに数えられる盆踊りです。

弥助そばや
名称 弥助そばや/やすけそばや
所在地 秋田県雄勝郡羽後町西馬音内本町90
ドライブで 関越自動車道湯沢ICから約8km
駐車場 あり
問い合わせ 弥助そばや TEL:0183-62-0669
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
西馬音内盆踊り

西馬音内盆踊り|羽後町

毎年8月16日〜18日、秋田県羽後町西馬音内(にしもない)で行なわれるのが『西馬音内盆踊り』。国の重要無形民俗文化財にしていされるほか、岐阜・郡上八幡(郡上市)の『郡上踊り』、徳島市の『阿波踊り』とともに「日本三大盆踊り」にも数えられていま

西馬音内盆踊り会館

西馬音内盆踊り会館

徳島市の『阿波おどり』、岐阜県郡上市の『郡上おどり』と並び日本三大盆踊りに数えられるのが秋田県羽後町の『西馬音内盆踊り』。盆踊りに関する展示が行なわれ、盆踊りの練習にも使われ、盆踊りの本番にはお囃子の櫓が組まれ、実行委員会の本部として活用さ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ