瀬見温泉共同浴場 せみの湯

瀬見温泉共同浴場 せみの湯

山形県最上町にある「弁慶発見」がキャッチフレーズの瀬見温泉。その名物がふかし湯です。木の床に寝ころび、床の穴の開いた部分から出てくる蒸気を患部を当て、治療するというユニークな入浴法。その木の床の下には高温の温泉が流れています。冷え症、腰痛、神経痛、婦人病などに効果があるというからお試しを。

温泉の蒸気を患部に当てて腰痛などを退治!

瀬見温泉共同浴場 せみの湯
瀬見温泉名物の「ふかし湯」

もともとは、瀬見公民館内にありましたが、平成28年に「瀬見温泉共同浴場 せみの湯」としてリニューアルオープン。
瀬見温泉名物の「ふかし湯」を始め、源泉かけ流しの内湯「なごみの湯」(高温と適温の2つの湯船)、内湯とは異なる源泉の露天風呂「やげんの湯」、足湯が設備されています(屋外施設の足湯は無料で利用可能)。
「ふかし湯」では、身体に浴衣やバスタオルを巻き、穴から吹き出す湯気に身体を当てます。

内湯の源泉は、町営5号源泉(泉温66.1度、pH7.4)で、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉。
露天風呂の源泉は、町営1号源泉(泉温67.4度、pH7.4)で、同じナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉です。

瀬見温泉共同浴場 せみの湯
名称 瀬見温泉共同浴場 せみの湯/せみおんせんきょうどうよくじょう せみのゆ
所在地 山形県最上郡最上町向町987-15
関連HP 最上町公式ホームページ
電車・バスで JR瀬見温泉駅から徒歩10分
ドライブで 尾花沢新庄道路新庄ICから約13km。または、東北自動車道古川ICから約61km
駐車場 6台/無料
問い合わせ 瀬見温泉共同浴場 せみの湯
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ