秋田内陸縦貫鉄道・大又川橋梁

秋田内陸縦貫鉄道・大又川橋梁

秋田県北秋田市、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の阿仁川を渡る鉄道橋梁が大又川橋梁。秋田内陸線笑内駅(おかしない駅)と萱草駅(かやくさえき)間にあり、すぐ脇を通る車道の橋からなら見上げる角度、並走する国道105号の萱草大橋の歩道からなら斜め下に橋を眺め、秋田内陸縦貫鉄道の撮影ポイントになっています。

大又川橋梁の撮影ポイントは2つの橋を選択できる

鉄橋の上にトラス(鉄骨で組んだ枠)が無いのが特徴で、秋田内陸線の車内からの眺めもバツグンですが、萱草大橋から眺望しても少しスリリングな雰囲気が漂っています。
地元カメラマンの話では「電線を上手避けて撮影するのがコツ」とのこと。

大又川橋梁は全長156mで、比立内駅~奥阿仁駅間の比立内川橋梁とともに秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の「運転士が選ぶ車窓スポット」(秋田内陸線車内からの撮影です)にも選ばれています。

秋田内陸縦貫鉄道・大又川橋梁
秋田内陸縦貫鉄道・大又川橋梁
名称 秋田内陸縦貫鉄道・大又川橋梁/あきたないりくじゅうかんてつどう・おおまたかわきょうりょう
所在地 秋田県北秋田市阿仁萱草〜阿仁荒瀬
関連HP 秋田内陸縦貫鉄道公式ホームページ
電車・バスで 秋田内陸縦貫鉄道萱草駅から徒歩15分
ドライブで 東北自動車道盛岡ICから約90km
問い合わせ 秋田内陸縦貫鉄道 TEL:0186-82-3231/FAX:0186-82-3793
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
秋田内陸縦貫鉄道 秋田内陸線

秋田内陸縦貫鉄道 秋田内陸線

鷹巣駅(秋田県北秋田市)と角館駅(かくのだてえき/仙北市)を結ぶ全長94.2kmのローカル鉄道が秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線。北の鷹巣駅からマタギで名高い阿仁合駅を通り、南の角館駅まで、文字通り秋田県内の内陸部分を南北に縦貫する第三セクターの

秋田内陸縦貫鉄道・比立内川橋梁

秋田内陸縦貫鉄道・比立内川橋梁

秋田県北秋田市、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の比立内駅(ひたちないえき)~奥阿仁駅(おくあにえき)間の橋梁が橋長329mの比立内川橋梁(ひたちないがわきょうりょう)。平成元年4月1日に秋田内陸線が全通する際に開通した橋で、国道105号の比立内

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ