乙女の像(十和田湖)

周囲44kmの美しい二重カルデラ湖の十和田湖。そのシンボル的な存在が湖畔の休屋にある乙女の像。高村光太郎作のブロンズ製の裸婦像で、昭和28年に国立公園指定15周年を記念して御前ヶ浜に立てられたもの。

十和田湖のシンボルで記念撮影のポイント

谷口吉郎(建築家)、土方定一(美術評論家)、菊地一雄(彫刻家)、草野心平(詩人)、藤島宇内(詩人)という豪華メンバーの建設委員会が立ち上がり、昭和27年4月に高村光太郎に正式に依頼。

高村光太郎は、「自然美には、人工を受け入れるものと受け入れないものの2つがある。現地を見て決めましょう」と即答を控えたのだとか。
同年6月、佐藤春夫、谷口吉郎とともに十和田湖を訪れた高村光太郎は、「十和田湖の美しさに深く感動した。湖上を遊覧しているうちにいくつも制作イメージが湧いた」と快諾します。

こうして完成した乙女の像には高村光太郎曰く「原始林の圧力に堪えて 立つなら幾千年も立ってろ」(『十和田湖畔の裸像に与う』)の思いが込められているのです。
台石は智恵子夫人の故郷・福島県産の黒御影石。

「湖水に写った自分の像を見ているうちに、同じものが向かい合い、見合うなかで深まっていくものがあることを感じた。それで同じものをわざと向かい合わせた」ということで、シンメトリーとなる2人の乙女という構図になっています。

昭和28年10月21日に除幕。
この直後に、高村光太郎は病に倒れ、生前最後の作品になっているのです。

『十和田湖畔の裸像に与う』 高村光太郎
銅とスズとの合金が立ってゐる。
どんな造型が行はれようと
無機質の図形にはちがひない。
はらわたや粘液や脂や汗や生きものの
きたならしさはここにない。
すさまじい十和田湖の円錐空間にはまりこんで
天然四元の平手打をまともにうける
銅とスズとの合金で出来た
女の裸像が二人
影と形のように立ってゐる
いさぎよい非情の金属が青くさびて
地上に割れてくづれるまで
この原始林の圧力に堪えて
立つなら幾千年でも黙って立ってろ。

乙女の像(十和田湖) DATA

名称 乙女の像(十和田湖)/おとめのぞう(とわだこ)
所在地 青森県十和田市奥瀬十和田
関連HP http://www.city.towada.lg.jp/
電車・バスで JR青森駅からJRバス十和田湖行き「みずうみ号」で2時間55分、終点下車、徒歩15分。またはJR八戸駅からJRバス十和田湖行きで2時間15分、終点下車、徒歩15分
ドライブで 東北自動車道小坂ICから県道2号(十和田大館樹海ライン)で19kmの発荷峠から国道103号を8kmで十和田湖畔・休屋
駐車場 450台(休屋南・北駐車場)/有料
問い合わせ 十和田市観光推進課観光施設係TEL:0176-51-6771/FAX:0176-22-9799

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ