館鼻岸壁朝市

館鼻岸壁朝市

青森県八戸市の館鼻岸壁で、3月中旬〜12月の毎週日曜日、夜明け〜9:00頃に開かれるのが館鼻岸壁朝市(たてはながんぺきあさいち)。全長800m、およそ300店の露店が並ぶ、日本最大級の巨大朝市で、コーヒー、ラーメン、そば・うどん、鯖寿司などのイートインが多いのも特徴です。

買い物だけでなく、食事も可能

露店に並ぶのは、地元八戸の海産物、農産物はもちろん、青森市、十和田市、田子町、むつ市、さらには岩手県北からの出店もあり、主催者が「朝市のイメージを変える巨大朝市」と自慢するのも頷ける内容です。
会場でも店の配置がわかる『館鼻岸壁朝市まっぷ』も販売されているので、これを入手するのも手。

地方発送は、朝市本部から可能。

「八戸の人は朝市が大好きで、懐中電灯持参で並ぶんです」(協同組合湊日曜朝市会)というくらいで、初めての人はまずはすさまじい熱気に驚かされます。魚介や、地元の野菜、山菜などは当たり前で、ミシンを売る軽トラまであり、質、量ともに日本一といえるほど(ライバルは高知市くらいで、1kmに300店舗という『日曜市』と規模はほぼ同じです)。

人気店ではオープン前から行列ができ、人出のピークは7:00頃で、「早朝5:00には売り切れになるメニューもある」とのこと。
人出は1万人〜2万人という規模で、会場を一巡するだけで1時間は必要です。

館鼻岸壁朝市
名称 館鼻岸壁朝市/たてはながんぺきあさいち
所在地 青森県八戸市新湊3丁目
関連HP 館鼻岸壁朝市公式ホームページ
電車・バスで JR八戸線陸奥湊駅から徒歩10分
ドライブで 八戸自動車道八戸ICから約9km
駐車場 500台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ