くどうラーメン

くどうラーメン

青森県青森市にある昭和23年創業というラーメンの店。もともとはそば屋でしたが、ラーメンに転身。鰯(いわし)の焼き干し、昆布、トンコツと鶏ガラ(地鶏シャモロック)をミックスという青森らしい正統派のスープに、細縮れの自家製麺が実によくマッチ。メンマも乾燥メンマからつくる自家製で、メンマ好きにはメンマラーメンもおすすめです。

青森駅近く、焼き干しラーメンの老舗

「もともとうちはそば屋でしたが、その時代から煮干しよりもよく出汁(だし)が出るので平舘産の焼き干しでとっていました」と解説するのは3代目となる当主・工藤公さん。
創業は、昭和23年。
工藤公さんの祖母にあたる工藤みよさんが、弘前から青森に移り、市場近くに「工藤そば屋」を開業したのが始まり。
昭和40年頃に、父で2代目となる工藤惣之助さんが新店舗を建築した頃からラーメン専門店に転身。
「朝から店を開いているのは、市場時代の名残り」とのこと。
ホテルの宿泊者も朝食に来るそうですが、まさに青森の「朝ラー」の先駆け的存在なのです。

自家製の麺は、多加水麺を熟成させて、のびにくい独特の食感の麺を生み出しています。
メンマも乾燥のメンマを水で戻し、それを焼き干しの出汁で煮込んで、コリコリッとしたオリジナルの風味と食感を生成。
麺の量とトッピングを好みで細かく変えることができるのも、くどうラーメンの特徴です。
サイズも、特大(麺2玉)、大(普通盛)、中、小の4種類。
「祖母の時代にも大・中・小とあったので、昔から『大・中・小のくどう』といわれていました。特大は、私の代になって加えたものです。年配の人は小を選んでもらっても構いません」。

具はネギだけという安価なサービスラーメンから、チャーシュー、メンマ、海苔、生たまご、煮たまごをトッピング可能。
さらに、チャーシューメン、メンマラーメン、月見ラーメンもあり、すべて自動販売機で食券を購入するシステムになっています。

サイドメニューの「おでん」は、生姜味噌をかけて味わうのが地元・青森の食文化。
「一帯を古川グルメ通りといわれるようにしたい」という工藤さんの熱意が、サイドメニューからも伝わってきます。

店は、中三青森店周辺の再開発工事のため、令和元年10月25日に新町1丁目14に移転しているのでご注意を。

くどうラーメン
名称 くどうラーメン/くどうらーめん
所在地 青森県青森市新町1-14-14
電車・バスで JR青森駅から徒歩8分
ドライブで 青森自動車道青森中央ICから約4km
駐車場 4台/無料
問い合わせ くどうラーメン TEL:017-722-6905
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ