味の札幌 大西

味の札幌 大西

青森県青森市にあるご当地グルメのひとつ「味噌カレー牛乳ラーメン」の人気店で、「元祖の味」を伝える店が、味の札幌大西。味噌ラーメンのスープにカレー粉と牛乳を入れた「味噌カレー牛乳ラーメン」は、昭和53年に登場したご当地メニュー。自慢のスープは、毎日午前2:00から6時間以上かけて仕上げています。

「味噌カレー牛乳ラーメン」元祖の味

青森といえば煮干し、焼き干しでしっかりと出汁(だし)をとるラーメンが伝統的なラーメンですが、ご当地ラーメンとして注目されているのが「味噌カレー牛乳ラーメン」。
昭和43年に青森へ出店した「味の札幌」の暖簾分け店。
「昭和50年代、中高生のあいだにいろんな味の組み合わせでラーメンを注文するのが流行し、その時、味噌ラーメンに牛乳、カレー入れたら美味しかったということで、お客さんのアイデアで誕生したものなんです」と解説するのは、味の札幌大西店主の大西文雄さん。

「味の札幌」は、佐藤清さんが、札幌味噌ラーメンを青森に持ち込もうとして開店した店。
その店で佐藤清さんの右腕として働いた一番弟子が、大西文雄さん。
つまり、「味噌カレー牛乳ラーメン」を開発した当事者でもあり、それが佐藤清さん亡き後、「味の札幌 大西」がルーツ店といわれるゆえんなのです。

豚骨、鶏ガラ、香味野菜、昆布を6時間以上かけて作るこだわりのスープに、北海道産の白味噌をベースにした特製味噌、カレー粉、青森県産の牛乳を加えて、「味噌カレー牛乳ラーメン」スープが誕生。
炒めたもやしをスープで煮込んでから丼に注ぎ入れ、麺を入れれば完成で、具は煮込んだもやし、メンマ、ワカメにチャーシュー、最後にバターをトッピングしています。

県産の牛乳がドバドバと入りますが、「だから、味がまろやかになるんです」とのこと。
牛乳とカレー粉が味噌の旨味を引き立て、牛乳臭さは感じさせません。
コシのある麺、味噌のコク、カレーの刺激、牛乳のまろやかさ、そしてバターの風味が絶妙に調和した不思議なラーメンで、味噌、カレー、牛乳、バターのいいとこ取りともいえるラーメンというわけです。

「味の札幌」佐藤清さんの弟子は、「サッポロラーメン専門店 かわら」など市内に各所に店を開き、「青森味噌カレー牛乳ラーメン普及会」が結成され、その普及に尽力しています(土産用や、カップラーメンも開発)。

味の札幌 大西
名称 味の札幌 大西/あじのさっぽろ おおにし
所在地 青森県青森市古川1-15-6
関連HP 味の札幌 大西公式ホームページ
電車・バスで JR・青い森鉄道青森駅から徒歩8分
ドライブで 東北自動車道青森IC、青森自動車道青森中央ICから約5km
駐車場 提携の駐車場あり(1時間まで無料サービス)
問い合わせ 味の札幌 大西 TEL:017-723-1036/FAX:017-718-2715
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ