海の駅蜃気楼

海の駅蜃気楼

富山県魚津市の魚津漁港にある「みなとオアシス魚津」の中核となる施設が海の駅蜃気楼。富山湾で揚がる鮮魚を購入したり、味わったりできるほか、マリンゲートで「魚津埋没林博物館」と連絡。隣接して蜃気楼展望地があります。魚津港から経田漁港付近まで4kmの海岸沿いの道は、しんきろうロードと呼ばれ蜃気楼を眺めるのに最適の場所。

魚津の鮮魚を買う&味わう

海の駅蜃気楼の館内には、鮮魚、山菜、西布施ぶどう、加積りんご、友道梨などを販売する「じゃんとこい市」、隣接する魚津港で水揚げされた魚を直売する「忠鮮魚店」、地元産コシヒカリ「ミラージュ米」と鮮魚が味わえる「浜のかあちゃんの店 幻魚房」(魚津魚商協同組合直営店)、白えびのかき揚うどんが名物の「めん処はまちょう」があります。
「浜のかあちゃんの店 幻魚房」では、海鮮丼、「バイ飯」定食、しろえび丼、刺し身定食などが人気です。
第2・第4日曜日の7:00~11:00には朝市も開催。

名称 海の駅蜃気楼/うみのえきしんきろう
所在地 富山県魚津市村木定坊割2500-2
関連HP 海の駅蜃気楼公式ホームページ
電車・バスで あいの風とやま鉄道魚津駅から徒歩15分
ドライブで 北陸自動車道魚津ICから約3km
駐車場 100台/無料
問い合わせ 海の駅蜃気楼 TEL:0765-24-4301/FAX:0765-22-1773
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
魚津埋没林博物館

魚津埋没林博物館

富山県魚津市の魚津漁港にある魚津埋没林博物館は、魚津の海岸で発見された埋没林を展示するユニークな博物館。埋没林とは、文字通り「埋もれた林」で、特別天然記念物に指定される魚津埋没林は2000年ほど前、片貝川の氾濫により流出した土砂で杉の原生林

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ