丹頂鶴自然公園

丹頂鶴自然公園

青森県北津軽郡鶴田町、ため池百選に選定の津軽富士見湖(廻堰大溜池)の湖畔につくられたタンチョウを飼育する公園が丹頂鶴自然公園。文献から江戸時代には津軽平野にもタンチョウが飛来していたことがわかり、鶴田町(旧・鶴田村)の町名の「鶴」もタンチョウのこと。

江戸時代には姿を見せたというタンチョウを飼育

丹頂鶴自然公園

駅舎(五能線・陸奥鶴田駅)やポストも鶴をモチーフにし、マンホールにタンチョウを描き、「めでたい鶴づくし」で町おこしを図る鶴田町。

平成4年に「生きたタンチョウ誘致」の声が高まり、平成5年に中国・黒龍江省より人工ふ化した2羽を譲り受け、さらに平成9年、ロシア連邦・アムール州から番(つがい)を譲り受けて飼育を開始(タンチョウは、日本の特別天然記念物であるため、北海道のタンチョウの利用は不可でした)。
その後、多摩動物園からもタンチョウを借り受けるなど、飼育数を増やし、平成24年5月27日にはオスの鶴平(6歳)、メスのロッシー(14歳)の間に、年の差婚を乗り越えて、初のヒナが誕生しています。

令和2年5月13日には、鶴吉(16歳)と鶴姫(12歳)の間に、丹頂鶴自然公園では7年ぶりとなるヒナが誕生し、2例目となっています。

無料の施設ですが、「愛の募金箱」が設置され、募金は「餌代などに使用」(丹頂鶴自然公園)とのことなので、ぜひ、協力を。

丹頂鶴自然公園
愛らしいヒナ
丹頂鶴自然公園
名称 丹頂鶴自然公園/たんちょうづるしぜんこうえん
所在地 青森県北津軽郡鶴田町廻堰大沢81-150
関連HP 鶴田町観光ウェブマガジン
電車・バスで JR陸奥鶴田駅からタクシーで10分
ドライブで 津軽自動車道五所川原ICから約13km
駐車場 富士見湖パーク第2駐車場を利用
問い合わせ 鶴田町企画観光課 TEL:0173-22-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鶴の舞橋

鶴の舞橋

青森県北津軽郡鶴田町(つるたまち)にある農林水産省のため池百選に選定の津軽富士見湖(廻堰大溜池)の入江に、平成6年7月8日に完成した橋が鶴の舞橋(つるのまいはし)。全長300m、3連太鼓橋(3連アーチ橋)としては日本一長い木橋で、鶴と国際交

津軽富士見湖(廻堰大溜池)

津軽富士見湖(廻堰大溜池)

青森県北津軽郡鶴田町にある青森県内最大の貯水湖が津軽富士見湖。万治3年(1660年)、弘前藩4代藩主・津軽信政が西津軽の新田開発のために堤防を築き、用水池にしたもので、廻堰大溜池(まわりぜきおおためいけ)が本来の名称。農林水産省の「ため池百

富士見湖パーク

富士見湖パーク

青森県北津軽郡鶴田町、ため池百選に選定で、津軽富士(岩木山)を眺めるビュースポット、津軽富士見湖(廻堰大溜池)の湖畔につくられた公園が、富士見湖パーク。12.4haの敷地に、わんぱく広場、ピクニック広場、お祭り広場、町民広場などが配され、ロ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ