我孫子市鳥の博物館

我孫子市鳥の博物館

千葉県我孫子市(あびこし)、常磐線・我孫子駅南東・手賀沼河畔にある、鳥の博物館としては、日本で初めてオープンしたミュージアムが我孫子市鳥の博物館。水生植物や淡水魚、水鳥などが棲息、冬は渡り鳥の居留地でもある手賀沼周辺に棲息する野鳥の生態を中心に、沼の自然環境などを紹介しています。

鳥の進化と生態を学べるミュージアム

常設展示は、「手賀沼の自然と鳥たち」、「鳥の世界」(鳥の起源と進化)、「人と鳥の共存」の3テーマ。
まず「手賀沼の自然と鳥たち」で手賀沼周辺に生息する鳥と自然を理解し、「鳥の世界」では、始祖鳥化石レプリカ展示など鳥を生物学的な視点から学び、「人と鳥の共存」では、人と鳥が共存する知恵を探ります。

四季折々の四季の手賀沼の様子をその姿を季節を追って表現したジオラマ展示もありますが、我孫子市のシンボル・手賀沼の広い水面、岸辺のヨシ原、さらに周辺の水田は、野鳥の格好の生息地になっていることがよくわかります。
企画展やテーマ展示も随時実施するほか、ミュージアムショップではオリジナルグッズ、野鳥関連商品を販売。

隣接して、手賀沼親水広場や、水に関するミュージアム「水の館」もオープン。
11月には一帯で『ジャパン・バード・フェスティバル』も開催。

我孫子市鳥の博物館
開催日時 手賀沼親水広場、手賀沼公園
名称 我孫子市鳥の博物館/あびこしとりのはくぶつかん
関連HP 我孫子市鳥の博物館公式ホームページ
電車・バスで JR・東京メトロ千代田線我孫子駅から市役所経由のバスで市役所前下車、徒歩5分
問い合わせ 我孫子市鳥の博物館 TEL:04-7185-2212
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
手賀沼親水広場

手賀沼親水広場

千葉県我孫子市、手賀沼に架る手賀大橋のたもと、手賀沼の湖畔に整備された緑地公園が手賀沼親水広場。手賀沼は長年、全国水質ワーストワンになっていた時代があり、水質改善は地元の悲願でもありました。水に親しみ、手賀沼の水環境保全を考える場所をという

手賀沼公園

手賀沼公園

千葉県我孫子市(あびこし)、手賀沼(てがぬま)の湖畔(北岸)にある公園が手賀沼公園。JR常磐線我孫子駅からまっすぐ手賀沼へと南下する公園坂通りを10分ほど歩くと手賀沼公園。まさに手賀沼の玄関口となっている公園です。公園から東へと湖畔沿いに遊

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ