印旛沼

印旛沼

千葉県の印西市、佐倉市、成田市、八千代市、栄町にまたがる湖面面積11.55平方キロの湖が印旛沼(いんばぬま)。利根川下流部にある湖沼で、北印旛沼、西印旛沼、中央排水路に分かれ、ローマ字のWの字に似た形状に。もともとは香取海(古鬼怒湾)の一部で、奈良時代以降の海退で海跡湖となったもの。手賀沼とともに県立印旛手賀自然公園に指定。

干拓事業で北印旛沼、西印旛沼に分断

家康の利根川東遷事業(とねがわとうせんじぎょう)によって印旛沼は利根川の下流になっています。

中央排水路部分もかつては湖でしたが、干拓事業で田圃となっています。
沼の面積は、北印旛沼(6.26平方キロ)と西印旛沼(5.29平方キロ)を合わせて11.55平方キロと、干拓事業が進む以前(29.0平方キロ)と比べて約半分に縮小していますが、水深は平均で1.7mと、干拓事業以前(0.7m~0.9m)に比べて倍増し、貯水量はほぼ同じになっています。

印旛沼の水は、現在も上水道、工業用水、農業用水に使われています。
周囲の田圃は、印旛沼よりも水位が低いため、農業用機場で揚水・排水が行なわれています。

西印旛沼の大和田機場(大和田排水機場)から東京湾へとつなぐ疏水路(印旛放水路)が新川(印旛沼~大和田機場)、花見川(大和田機場~東京湾)で、西印旛沼と北印旛沼を直結する印旛捷水路(いんばしょうすいろ)など印旛沼全体で「疏水百選」に選定されています。

印旛沼はへラブナ、ブラックバス釣りで有名。
西印旛沼の東岸には、野鳥の森、オートキャンプやバーベキューが楽しめる「印旛沼サンセットヒルズ」があります。
西印旛沼と印旛捷水路の合流部には双子公園(印旛沼自転車道山田休憩所/印西市山田干拓一区)があり、トイレ、駐車場、ナウマンゾウの親子の像があります。
印旛捷水路の掘削工事中(昭和41年)にナウマンゾウの化石が発見されたことにちなんだもの。

印旛放水路サイクリングロードが整備され、サイクリングを楽しむ人も増えています。
酒直水門~八千代市阿宗橋間は千葉県が管理する「印旛沼自転車道」、阿宗橋~大和田排水機場間は八千代市管理の「新川遊歩道」、千葉市弁天橋~稲毛海浜公園(検見川の浜)は千葉市の「花見川サイクリングロード」になっています。

印旛沼
印旛捷水路
印旛沼

印旛沼では養殖鰻、「ボサ漁」に注目!

成田市北須賀(北印旛沼の東岸・甚兵衛公園隣接)には「印旛沼漁協水産センター」があり、鰻、ナマズ、ドジョウ料理を提供しています。
印旛沼の鰻は、印旛沼漁業協同組合によれば、寒風の利根川にのぼるシラスウナギを飼育池でじっくり育てた、天然うなぎに近い「ぷりぷり」とした歯ごたえのある鰻なんだとか。
「印旛沼漁協水産センター」で通年販売されています。

「印旛沼漁協水産センター」が建つ国道464号の北印旛沼東岸部分は鰻店が並び「宗吾うなぎ街道」と呼ばれています。

また、印旛沼では現在でもクチボソ(モツゴ)、カワエビ、ウナギなどを取る漁師が健在。
印旛沼に息づく伝統漁法が、「ボサ漁」で仕掛けの網を湖中に沈め、網を住処(すみか)にした魚を20日〜30日後に引き上げるというもの。
「ボサ」とはカシの枝を束ねたもの、現在では水質保全も兼ねて網を使う人が大部分なんだとか。
「ボサ漁」が行なわれるのは11月〜4月で、「夏場は水草のヒシが沼を覆い、漁ができないから、冬場がピーク」とのこと。

名称 印旛沼/いんばぬま
所在地 千葉県印西市・佐倉市・成田市・八千代市・印旛郡栄町
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

【知られざるニッポン】vol.23 東京人なら知っておきたい! 「利根川東遷事業」No.1

徳川家康とその側近は、江戸入府後に湿地帯となっていた江戸の町周辺の治水事業に乗り出します。利根川は武蔵国北部では細かく乱流し、綾瀬川や荒川とも合・分流していて、洪水ごとに流路を変えるという状況だったのです。そこで考えだした大規模工事が「利根

手賀沼

手賀沼

手賀沼は千葉県我孫子市、柏市、印西市、白井市にまたがる南北1km、東西16kmの細長い沼で、印旛沼(いんばぬま)とともに千葉県立印旛手賀自然公園に指定。東西に細長い手賀沼の中央付近の北岸(我孫子市)に手賀沼公園が整備され、公園にはミニSLや

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ