北海道五大名城とは!?

北海道五大名城

北海道で日本100名城に選定されるのは、アイヌのチャシ(砦)群の根室半島チャシ跡群、幕末の西洋城郭の五稜郭、北海道で唯一の和式城郭の松前城の3城。これに中世の倭人が築いた城館の志苔館(しのりたて/函館市)、勝山館(かつやまだて/上ノ国町)を加えた5城が北海道五大名城といえます。

根室半島チャシ跡群|日本100名城

所在地:北海道根室市
築城年:
16世紀〜18世紀
築城者:
アイヌ民族
主な城主:
アイヌ民族
史跡:
国の史跡(アイヌ民族が構築した32ヶ所のチャシのうち24ヶ所が国の史跡に)
遺構:
壕、盛り土、土橋など
備考:
アイヌ語のチャシ(chasi)は、柵囲いの意、戦闘時の砦(とりで)のほか、周辺の部族との談判(チャランケ)や祭祀を行なう場にもなっていました

ノツカマフ1・2号チャシ跡(根室半島チャシ跡群)

根室半島の根室海峡側、ノッカマップ岬の東端には根室半島チャシ跡群のひとつ、ノッカマフチャシ跡(ノッカマフ1号・2号チャシ跡)があります。根室半島の海沿いには16世紀〜18世紀にアイヌ民族が構築した32ヶ所のチャシが現存。そのうち24ヶ所が国

ヲンネモトチャシ跡(根室半島チャシ跡群)

根室半島には16世紀~18世紀にアイヌが構築した32ヶ所のチャシが残されています。そのうち24ヶ所が国指定史跡となり根室半島チャシ群として「日本100名城」に選定。つまりは日本最北で最東端の100名城というわけです。チャシは戦闘時の砦(とり

五稜郭日本100名城

所在地:北海道函館市五稜郭町44
築城年:
慶応2年(1866年)
築城者:
徳川幕府
主な城主:
箱館奉行・杉浦梅潭(すぎうらばいたん)、箱館府知事・清水谷公考(しみずだにきんなる)=亀田役所土塁(亀田御役所土塁)として築城、北方警護を意識した行政の中心・箱館奉行所を設置
史跡:
国の特別史跡
遺構:
石垣、堀、土塁など
備考
:箱館開港時に箱館奉行所の内陸移転で建設された西洋式城郭
北海道遺産

五稜郭

五稜郭

江戸幕府が倒れ、大政奉還(たいせいほうかん)が行なわれたのが、慶応3年(1867年)。これに不満をもった旧幕臣の榎本武揚(えのもとたけあき)らが占拠し、最後の砦となったのが、箱館(北海道函館市)の五稜郭(ごりょうかく)です。異国船の襲来に備

松前城|日本100名城

所在地:北海道松前郡松前町松城
築城年:
近世的な城郭は、安政元年(1854年)/それ以前は陣屋
築城者:
松前崇広(まつまえたかひろ)
主な城主:
松前崇広、松前徳広
史跡:
国の史跡
文化財:
本丸御門は、国の重要文化財
備考:
北海道で唯一の和式城郭
北海道遺産
松前城資料館がビジターセンターになっています

松前城跡

松前から上ノ国にかけては、北海道では最初に和人が定住した場所で、松前という地名はアイヌ語の「マツ・オマ・イ」(婦人・居る・ところ=永田地名解)に由来。つまり、先住民であるアイヌが住む地に、和人の女性が共存したという珍しい状況を表しています。

志苔館|続100名城

所在地:北海道函館市志海苔町
築城年:
14世紀後半頃
築城者:
小林氏
主な城主:
小林良景
史跡:
国の史跡
遺構:
空壕、土塁など
備考:
渡島半島(おしまはんとう)に築かれた倭人の城館跡の道南十二館(どうなんじゅうにたて)のひとつで、「コシャマインの戦い」の中心地

志苔館

志苔館

北海道函館市志海苔町にある中世の城館跡が、志苔館(しのりたて)。渡島半島(おしまはんとう)に築かれた倭人の城館跡の道南十二館(どうなんじゅうにたて)のひとつ。道南十二館の東端に位置する城館で、国の史跡に指定されるほか、続日本100名城にも選

勝山館|続100名城

所在地:北海道檜山郡上ノ国町勝山
築城年:
文明5年(1473年)
築城者:
武田信広(武田信廣)
主な城主:
武田信広(武田信廣)、蠣崎光広
史跡:
国の史跡
遺構:
武田信広も埋葬されたという墳墓群、建造物の跡、空壕など
備考:
和人とアイヌが混住していたと推測される中世の城館
北海道遺産
所在地:北海道檜山郡上ノ国町勝山
築城年:
文明5年(1473年)
築城者:
武田信広(武田信廣)
主な城主:
武田信広(武田信廣)、蠣崎光広
史跡:
国の史跡
遺構:
武田信広も埋葬されたという墳墓群、建造物の跡、空壕など
備考:
和人とアイヌが混住していたと推測される中世の城館
北海道遺産
上ノ国勝山館跡ガイダンス施設がビジターセンターになっています

勝山館跡

「上ノ国の中世の館(たて)」として「北海道遺産」に登録される中世の山城。松前藩の礎を築いた武田信広(武田信廣)の館跡です。標高159.1mの夷王山(いおうざん)から北東に伸びる尾根上に、和人とアイヌが混住していたと推測される館が築かれ、「続

北海道五大名城とは!?
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

日本100名城 「北海道・東北13城」 完全ガイド

北海道・東北には財団法人日本城郭協会が「日本100名城」に選定する城郭が13あります。しかも栄えある「日本100名城」のNo.1は、根室半島チャシ跡群(北海道根室市)。100名城のうち唯一の近世アイヌの築いたチャシです。北海道・東北の13城

青森県三大名城

青森県三大名城とは!?

青森県では弘前藩の藩庁、弘前城、南北朝時代に南朝の拠点として築かれた根城が日本100名城に選定。さらに続日本100名城に、青森市の中世の城館、浪岡城が選定されているので、近世1、中世2の城が青森県三大名城ということに。弘前城|日本100名城

山形県三大名城

山形県三大名城とは!?

山形県内の城郭で日本100名城に選定されるのは、藩政時代に山形藩の藩庁だった山形城。続日本100名城は庄内藩・酒井家の居城、鶴ヶ岡城(鶴岡市)と直江兼続(なおえかねつぐ)築城で米沢藩の藩庁だった米沢城の2城。以上の3城が山形県三大名城という

宮城県三大名城

宮城県三大名城とは!?

宮城県の城郭で日本100名城に選定されるのは奈良時代に築城された古代城跡で陸奥鎮守府の多賀城、近世(藩政時代)の仙台藩の藩庁、仙台城の2城です。さらに続日本100名城に選定される白石城の3城が宮城県三大名城といえる城。藩庁でない白石城は一国

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ