和歌山県二大名城とは!?

和歌山県二大名城

和歌山市は、徳川御三家・紀州徳川家の城下町。藩庁となった和歌山城は、日本100名城に選定。続日本100名城に選定されるのは、一国一城令以降も、支城として認められた新宮城。水野家3万5000石の居城ですが、大名には数えられていません。この2城が和歌山県二大名城ということに。

和歌山城|日本100名城

所在地:和歌山県和歌山市一番丁3
築城年:天正13年(1585年)、近世城郭=元和7年(1621年)
築城者:羽柴秀吉(翌年豊臣姓に)が、弟・羽柴秀長のために藤堂高虎(とうどうたかとら)を普請奉行にして築城、近世城郭に大改修=徳川頼宣(とくがわよりのぶ=徳川紀州藩の祖)
主な城主:羽柴秀長、浅野幸長、徳川頼宣
史跡:国の史跡
文化財:岡口門と土塀(ともに国の重要文化財)、追廻門(和歌山市文化財)、特産の青石を使った野面積の石垣、二の丸にある大楠(和歌山県の天然記念物)、西の丸庭園(国の名勝)
備考:徳川頼宣は、城郭と城下町の大規模な拡張を行ない、二の丸部分に本丸御殿を築き、新たに二の丸を山麓に構築、以降、徳川御三家の一つ紀州徳川家55万5000石の居城に
国宝だった嘉永3年(1850年)再建の天守など11棟は和歌山大空襲で焼失
現在の天守は昭和33年築の復興天守(外観復元)

和歌山城

和歌山市の中心部、紀ノ川河口の虎伏山(とらふすやま・標高48.9m)に建つ平山城。もとは1585(天正13)年、有力豪族・雑賀党(さいかとう=雑賀衆)を破り紀州を平定した羽柴秀吉(翌年豊臣姓に)が、弟・秀長のために藤堂高虎(とうどうたかとら

新宮城|続日本100名城

所在地:和歌山県新宮市新宮7691-1
築城年:慶長6年(1601年)
築城者:和歌山城主・浅野幸長(よしなが)の一族、浅野忠吉
主な城主:水野重仲(水野重央)、水野重良(みずのしげよし)
史跡:国の史跡
遺構:石垣、天守台などが現存
備考:元和元年(1615年)の一国一城令で廃城となりますが、紀州と尾張の中間ということもあり3年後に再建が許可され、紀伊新宮藩の藩庁に
紀州藩の家老職でもある水野家3万5000石の居城に(ただし、公式には紀州徳川家の家臣で、大名としては扱われていません)
本丸に上れば「沖見城」の別名をもつほど、熊野川から太平洋(熊野灘)にかけての眺めが抜群

新宮城

新宮城

和歌山県新宮市、熊野川(新宮川)を眼下にする丹鶴(たんかく)山にあり、丹鶴城とも呼ばれた近世城郭の城跡が新宮城。慶長6年(1601年)、和歌山城主・浅野幸長(よしなが)の一族、浅野忠吉が築城。元和元年(1615年)の一国一城令で廃城となりま

和歌山県二大名城とは!?
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
三重県六大名城

三重県六大名城とは!?

戦国時代に織田信長が一揆軍に手を焼き、江戸時代初期には徳川幕府が大坂城へ睨みを効かせた三重県(伊勢・伊賀)。日本100名城に選定の伊賀上野城、松坂城、続日本100名城の津城、多気北畠氏城館、田丸城、赤木城が三重県六大名城で、築城の名手、藤堂

奈良県三大名城

奈良県三大名城とは!?

奈良県で日本100名城に選定されるのは、高取町の高取城だけですが、日本三大山城に数えられる名城。さらに城下町が宇陀松山伝統的建造物群保存地区となる宇陀松山城、江戸時代に郡山藩の藩庁となった大和郡山城が続日本100名城で、この3つの城が、奈良

大阪五大名城

大阪五大名城とは!?

大阪府下にある日本100名城選定の城は、国の特別史跡にもなっている大坂城、そして楠木正成ゆかりの千早城の2城。続日本100名城選定の芥川山城(あくたがわやまじょう)、飯盛山城(いいもりやまじょう)、岸和田城の3城を加えた中世から近世の5つの

滋賀県六大名城

滋賀県六大名城とは!?

京に近く、東海道・中山道・北陸道が合流する陸上交通、琵琶湖舟運の要衝でもあり、「近江を制する者は天下を制す」といわれた滋賀県。日本100名城選定の彦根城、安土城、小谷城(おだにじょう)、続日本100名城の観音寺城、八幡山城、鎌刃城(かまはじ

日本100名城 近畿14城

江戸時代まで朝廷があった京に近く、戦国武将の活躍の舞台として歴史の表舞台に登場する機会の多い、近畿の名城。さらに江戸時代の初めには徳川幕府の西国監視の役割を果たした姫路や明石の城。近畿には魅力あふれる城が多く、天空の城として有名な竹田城など

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ