天王塚古墳

天王塚古墳

和歌山県和歌山市にある岩橋千塚古墳群(和歌山県で唯一、国の特別史跡に指定)・和佐地区にある前方後円墳が、天王塚古墳(てんのうづかこふん)。一帯の最高点である天王塚山(標高155m)山頂に築かれた古墳で、墳丘長88mは、和歌山県第1位。

玄室奥壁の高さ5.9mは国内2位を誇る

天王塚古墳

大日山と矢田峠の中間、岩橋山地のなかでは最高所につくられた前方後円墳が天王塚古墳。
6世紀中葉(古墳時代後期)頃の築造で、埋葬施設は後円部における両袖式横穴式石室。

石室の全長は10.59mですが、玄室奥壁の高さは5.9mもあり、高さが6mに迫る石室は非常に稀(まれ)。
高さ5.9mは熊本県八代郡氷川町にある大野窟古墳(おおのいわやこふん)の6.48mに次ぐ国内2番目を誇っています。
結晶片岩の板石を積み上げ、左右の壁の間に8本の巨大な石梁(いしはり)を架け、奥の壁から突き出た2枚の石棚で石室を高く積み上げています。
石室内は特別公開時のみ見学が可能です(平成30年に行なわれた公開が54年ぶり、今後は特別公開日を設ける予定)。

墳丘表面からは葺石、埴輪ともに検出されておらず、同じ岩橋千塚古墳群の大日山35号墳(墳丘長86mで和歌山県第2位の前方後円墳)から豊富な埴輪が出土したのとは異なっています。
被葬者は、大日山35号墳(6世紀前半)の後継となった紀伊における首長だと推測でき、紀伊において、この時代に、絶大な権力を背景にして石室を造る技術の到達点を迎えたことがわかります。

平成29年の発掘調査では、5000点にも及ぶ玉類、飾られた履(くつ)などが出土。
出土した須恵器などは、紀伊風土記の丘資料館に収蔵展示されています。

和歌山県では天王塚古墳・墳丘長88m、車駕之古址古墳(しゃかのこしこふん/和歌山県和歌山市木ノ本)・墳丘長86m、 そして大日山35号墳(岩橋千塚古墳群・大日山地区)・墳丘長86mが三大古墳で、以下、井辺八幡山古墳・墳丘長70m、大谷山22号墳・墳丘長70m、大谷古墳・墳丘長70mと続き、上位の古墳はすべて県都・和歌山市内にあります。

天王塚古墳
名称 天王塚古墳/てんのうづかこふん
所在地 和歌山県和歌山市下和佐
関連HP 和歌山市公式ホームページ
電車・バスで JR和歌山駅から和歌山バス紀伊風土記の丘行きで20分、終点下車
ドライブで 阪和自動車道和歌山ICから約3.5km
駐車場 和歌山県立紀伊風土記の丘駐車場(80台/無料)
問い合わせ 和歌山県立紀伊風土記の丘 TEL:073-471-6123/FAX:073-471-6120
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
紀伊風土記の丘資料館

紀伊風土記の丘資料館

和歌山県立紀伊風土記の丘の中心施設であるミュージアムが紀伊風土記の丘資料館。国の特別史跡・岩橋千塚古墳群(いわせせんづかこふんぐん)など、和歌山県内の遺跡、古墳、根来寺などからの出土品の保存、調査研究、公開のため、郷土出身の実業家・松下幸之

和歌山県立紀伊風土記の丘

紀伊風土記の丘

和歌山市東の郊外、岩橋(いわせ)の丘陵地に広がる岩橋千塚古墳群(いわせせんづかこふんぐん)。この古墳群を中心に竪穴住居や紀伊風土記の丘資料館などが整備されたのが、和歌山県立紀伊風土記の丘です。紀氏に始まる紀伊国造(きのくにのみやつこ)に関連

岩橋千塚古墳群

岩橋千塚古墳群

和歌山県和歌山市岩橋(いわせ)、「紀伊風土記の丘」周辺に点在する、850基を超える古墳群が岩橋千塚古墳群(いわせせんづかこふんぐん)。5世紀末から7世紀初めにかけて築造された古墳で、うち430基が国の特別史跡、13基が公開されています。国の

大日山35号墳

大日山35号墳

和歌山県和歌山市にある岩橋千塚古墳群(和歌山県で唯一、国の特別史跡に指定)・大日山地区にある前方後円墳が、大日山35号墳(だいにちやまさんじゅうごごうふん)。一帯の最高点である大日山(標高141m)山頂に築造された古墳で、墳丘長86mは、和

和歌山県の三大古墳

和歌山県の三大古墳とは!?

和歌山県都の和歌山市は、古代に紀の川の河口が瀬戸内海や大陸との交易の拠点となり、5世紀にはヤマト王権の外港ともなった場所。県下最大の古墳は墳丘長88mの天王塚古墳で、以下86mの、大日山35号墳と続きます。3つの古墳は国の特別史跡の岩橋千塚

大野窟古墳

大野窟古墳

熊本県八代郡氷川町(ひかわちょう)にある墳丘長122.8mという熊本県最大の前方後円墳が、大野窟古墳(おおのいわやこふん)。国内最大の天井高という巨石(阿蘇溶結凝灰岩の切石)が使われる横穴式石室があることが、窟(いわや)と呼ばれるゆえん。国

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ