ロープウェイを使って、歩かずに霧氷を見学! 西日本三大霧氷スポット

西日本三大霧氷スポット

樹氷といえば蔵王が有名ですが、雪の少ない西日本の山上では、厳冬期、木の枝に付いた水分が凍って、幻想的な霧氷(むひょう)を生み出します。防寒に留意してロープウェイに乗れば、手軽に霧氷を観賞できるのが、御在所岳(三重県)、鶴見岳(大分県)、雲仙・妙見岳(長崎県)です。

御在所岳(御在所ロープウエイ)|三重県

所在地:三重県三重郡菰野町湯の山温泉
山上の標高:最高点で1212m
霧氷・樹氷の出現時期:霧氷は11月と3月、樹氷(降雪期)は12月〜2月
気象条件:琵琶湖などの湿った風が山上で冷却され、枝に付いた水分が夜間から早朝にかけて結氷するもの
備考:御在所岳の山上には、三重県下唯一という御在所スキー場もオープン

御在所岳で霧氷、樹氷

御在所岳で霧氷、樹氷を見よう!

三重県三重郡菰野町と滋賀県東近江市の境にある、鈴鹿山脈の主峰が、御在所岳(ございしょだけ/御在所山)。標高は1212mですが、厳冬期には琵琶湖越しの北西の風を受け、雪が積もるだけでなく、霧氷、さらには樹氷が誕生。御在所ロープウェイを利用して

御在所ロープウエイ

鈴鹿山脈の主峰でもっとも人気の高い御在所岳(1212m/正式な山名は御在所山)に架かる三重交通の運行する御在所ロープウエイ。湯の山温泉にある湯の山温泉駅(標高400m)と山頂の山上公園駅(標高1180m)を15分ほどで結ぶ全長2161mのロ

御在所岳

御在所岳

三重県三重郡菰野町と滋賀県東近江市にまたがる県境の山、御在所岳。アルペン的な山容で東海地区ではハイキングに絶大な人気のある鈴鹿山脈。なかでももっとも人気のあるピークが御在所岳(1212m=地図上は御在所山)。山麓の湯の山温泉から山頂の山上公

鶴見岳(別府ロープウェイ)|大分県

所在地:大分県別府市南立石
山上の標高:鶴見山上駅は標高1300m
霧氷の出現時期:12月上旬〜3月中旬
気象条件:別府湾の湿気を帯びた上昇気流が急速に冷却されれば、霧氷が発生(夜は逆に「鶴見おろし」に)
備考:全国ロープウェイランキングで、高低差793m(別府高原駅〜鶴見山上駅)は、中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ、新穂高ロープウェイ(第2ロープウェイ)、石鎚登山ロープウェイに次いで全国4位

鶴見岳で霧氷を見よう!

鶴見岳で霧氷を見よう!

氷点下の気温の中、霧や雲などの水分が風によって枝について凍ったものが霧氷。鶴見岳でも厳寒期、氷点下の気温で、風が強い日に、霧混じりなど空気中に水分が多い場合に、霧氷が誕生します。蔵王の樹氷などに比べれば、無名の存在ですが、幻想的な景観は、鶴

別府ロープウェイ

別府のシンボル的な存在の火山、鶴見岳の東側に架かる近鉄のロープウェイが近鉄・別府ロープウェイ。標高503mの別府高原駅と標高1290mの鶴見山上駅を101名乗りの大型ゴンドラが結んでいます。別府高原駅はやまなみハイウェイ沿いにあるため、別府

雲仙・妙見岳(雲仙ロープウェイ)|長崎県

所在地:長崎県雲仙市小浜町雲仙
山上の標高:妙見岳展望所で標高1333m
霧氷の出現時期:12月~3月初旬
気象条件:東シナ海(暖かい対馬海流で湿度を帯びます)からの冷たい季節風が山にぶつかって上昇し、冷却され、枝に付いた湿気が氷に
備考:雲仙温泉街では霧氷を「花ぼうろ」と呼んでいます

妙見岳で霧氷

雲仙・妙見岳で霧氷を見よう!

長崎県雲仙市小浜町、雲仙ロープウェイで登った妙見岳山頂直下、妙見岳展望所は、九州を代表する霧氷(むひょう)の観賞ポイントです。雲仙ロープウェイは四季折々の「記憶に残る別世界」をPRしていますが、12月~3月初旬には霧氷が期待できます。雲仙温

雲仙ロープウェイ

雲仙ロープウェイ

標高1079mの雲仙仁田峠と1333mの妙見岳の南肩、標高差174mを3分で結ぶ雲仙ロープウェイ。麓の仁田峠駅から妙見岳にかけての一帯は、標高1000m以上の高地に咲くツツジの一種、ミヤマキリシマ、ミツバツツジの大群落で知られ、例年5月下旬

妙見岳展望所

妙見岳展望所

長崎県雲仙市、仁田峠から雲仙ロープウェイで上った妙見岳駅(山頂展望所)から東へ徒歩数分の場所にあるのが妙見岳展望所。切り立ったカルデラ壁の断崖の上に位置し、普賢岳、溶岩ドームの平成新山、そして有明海を眺望する絶景のスポットになっています。雲

ロープウェイを使って、歩かずに霧氷を見学! 西日本三大霧氷スポット
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ