門司港レトロ展望室

建築家・黒川紀章(くろかわきしょう)の設計した高層マンション「門司港レトロハイマート」の31階に設けられた展望台が門司港レトロ展望室。門司港レトロ地区のランドマークともなっている「門司港レトロハイマート」最上階、高さ103mの展望室からは約270度の大パノラマが開け、眼下には関門海峡や門司港レトロ地区を一望に。

黒川紀章氏設計の高層マンション31階にある有料展望室

「門司港レトロハイマート」の建設によって、門司港の景観上重要な和布刈山(めかりやま)が、船だまりから見えなくなるという問題が生じたため、ビルを細く、高くすることで容積を確保。
その結果のっぽビルが誕生、展望室が生まれました。

門司港レトロ展望室には、屋上にあるデジタルカメラを操作して鮮明な映像が見られる「デジタル望遠鏡」や、画面を動かしてさまざまな情報を得る情報潜望鏡「アイステア」など、ゲーム感覚で操作する最新設備が揃っています。

また、展望カフェテリア「AIR’S CAFÉ」も営業し、ケーキセットなどでくつろぐことができます。

門司港レトロ展望室 DATA

名称 門司港レトロ展望室/もじこうれとろてんぼうしつ
所在地 福岡県北九州市門司区東港町1-32
関連HP 門司港レトロ倶楽部公式ホームページ
電車・バスで JR門司港駅から徒歩10分
ドライブで 関門自動車道門司港ICから約2.3km
駐車場 250台(門司港レトロ駐車場)/有料、海峡プラザの店舗での購入で割引あり
問い合わせ TEL:093-331-3103
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

海峡ゆめタワー(海峡メッセ下関)

2018.10.11

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ