柳川・水辺の散歩道

柳川・水辺の散歩道

福岡県柳川市、川下りの舟で知られる柳川の掘割(クリーク)沿いに続く河畔に整備された全長800mの遊歩道が水辺の散歩道。昭和53年に国土庁(当時)の伝統的文化都市環境保存地区整備事業に指定され、昭和54年に整備された水辺の散歩道は、国土交通省の「日本の道100選」にも選定されています。

掘割沿いの800mが日本の道100選」に選定される遊歩道

柳川・水辺の散歩道

昭和53年に国土庁(当時)の伝統的文化都市環境保存地区整備事業に指定された翌年、パイロット事業で800mの遊歩道を整備し、昭和56年に4.1kmを歩行者専用道路としています。
そのうち、袋町から坂本町弥兵衛門橋までの800m(昭和54年整備)が水辺の散歩道と称する部分です。

水辺の散歩道には、うなぎ供養碑、長谷健文学碑文学碑も立っていますが、長谷健文学碑は、豆腐好きの故人にちなんで豆腐型というユニークな文学碑。

もともと、掘割は物資運搬の舟運にも使われていたため、本来は掘割、住居、道路という順の町割りでした。
柳川の川下りの舟がのんびりと周遊する掘割は、現在は掘割、道路、住居と往時とは違った空間になっているのです。

ちなみに、福岡県内にある選定の道は、東西軸トランジットモール(福岡市) 、槻田あおぞら通り(北九州市)と水辺の散歩道の3ヶ所です。

柳川・水辺の散歩道
名称 柳川・水辺の散歩道/やながわ・みずべのさんぽみち
所在地 福岡県柳川市本町
電車・バスで 西鉄柳川駅から西鉄バスで市役所前下車、徒歩3分
ドライブで 九州自動車道みやま柳川ICから約11km
駐車場 なし
問い合わせ 柳川市観光課 TEL:0944-73-8111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ