岡山後楽園夜間特別開園『秋の幻想庭園』|岡山市|2019

秋の幻想庭園

2019年11月15日(金)〜11月24日(日)17:00〜20:30(入園は20:00まで)、岡山後楽園夜間特別開園『秋の幻想庭園』が開催されます。紅葉が最も美しい季節にあわせ、もみじ林など紅葉をテーマに幻想的にライトアップするもの。音楽演奏や飲食イベントも実施。

紅葉した木々を幻想的にライトアップ

偕楽園(水戸市)、兼六園(金沢市)と並び「日本三名園」に数えられる岡山後楽園。
岡山藩2代目藩主・池田綱政(いけだつなまさ)が自ら憩いの場として築いた大きな大名庭園は、市街地の光が遮られるため、紅葉した木々がひときわ艶やかで、ライトアップにも映えます。
「暮れていく空の色が徐々に変わっていく様子を見ることができるのも、夜間開園ならではの贅沢」とのことなので、黄昏時(たそがれどき)に入園するのがおすすめです。

対岸の岡山城では、同時期に『烏城灯源郷』も行なわれます。

岡山後楽園夜間特別開園『秋の幻想庭園』|岡山市
開催日時 2019年11月15日(金)〜11月24日(日)17:00〜20:30(入園は20:00まで)
所在地 岡山県岡山市北区後楽園1-5
場所 岡山後楽園
関連HP 岡山後楽園公式ホームページ
電車・バスで JR岡山駅から岡山電気軌道(路面電車)東山線で5分、城下駅下車、徒歩10分
ドライブで 山陽自動車道岡山ICから約8.5km
駐車場 250台(後楽園専用駐車場)/有料
問い合わせ TEL:086-272-1148/FAX:086-272-1147
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

岡山後楽園

水戸の偕楽園(かいらくえん)、金沢の兼六園(けんろくえん)と並んで、「日本三名園」のひとつに数えられる岡山の後楽園。岡山藩主・池田綱政によって、14年もの歳月をかけて完成。造園当時は、岡山城の後に造られた園という意味で、「御後園」と呼ばれて

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ