太田橋

太田橋

岐阜県美濃加茂市と可児市の間を流れる木曽川に架かる国道248号旧道の橋が太田橋。昭和2年2月20日に開通(渡橋式を挙行)した全長218.0m、幅員6.4mのワーレントラス橋で、土木学会選奨土木遺産に登録。江戸時代には中山道の難所、太田の渡しがあった場所で、昭和2年までは渡し船も運航されていました。

中山道屈指の難所に架る道路鋼橋

岐阜県初の近代的道路鋼橋(三経間連続のトラス橋)で、総工費75万円。
鋼材などの資材は、すでに開通していた高山線・美濃太田駅から馬車で運搬しています。

開通時には東京都京都を結ぶ国道14号、昭和9年に国道8号、昭和27年から国道21号、昭和58年、上流に新太田橋が開通したことから国道248号の橋に変更され、さらに可児バイパスの完成で、国道248号旧道の橋となっています。
昭和8年には、アクセスの向上を目指し、太田橋から深田までの新道も建設。

平成20年8月には側道橋(歩道)が開通し、車道のみの橋として現役。

太田橋
名称 太田橋/おおたばし
所在地 岐阜県美濃加茂市御門町1-7・可児市今渡
電車・バスで 名鉄日本ライン今渡駅から徒歩13分。または、JR美濃太田駅から徒歩22分
ドライブで 東海環状自動車道美濃加茂ICから約7km
駐車場 化石林公園駐車場(55台/無料)
問い合わせ 美濃加茂市産業振興課 TEL:0574-25-2111/FAX:0574-27-3863
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
太田宿・太田の渡し跡

太田宿・太田の渡し跡

岐阜県美濃加茂市にあるのが太田宿・太田の渡し跡。中山道(なかせんどう)の三大難所のひとつで「木曽の桟、太田の渡し、碓氷峠がなくばよい」と俗謡にもある急流・木曽川を越える、太田の渡し(渡船場)。太田橋のすぐ下流が太田の渡し跡。川に向かって伸び

御代桜醸造

御代桜醸造

岐阜県美濃加茂市、中山道(なかせんどう)・太田宿の中心で明治26年創業という老舗の酒蔵が御代桜醸造(みよざくらじょうぞう)。明治時代、木曽川を下る筏乗り(いかだのり)や街道を行き交う旅人に愛されたという歴史を有する老舗の酒蔵です。代表銘柄は

日本ライン

日本ライン

岐阜県美濃加茂市から坂祝町、可児市(かにし)を経て各務原市(かがみがはらし)、愛知県犬山市に至る木曽川の流れが日本ライン。『日本風景論』の著者で地理学者・志賀重昂(しがしげたか)が、大正3年、木曽川の川下りを楽しみ、その景観がライン河に似て

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ