伊香保温泉飲泉所

伊香保温泉飲泉所

伊香保温泉(群馬県渋川市)は、明治初期に「日本の温泉医学の父」といわれるベルツ博士(お雇い外国人・ドイツ帝国の医師)から国内で初めて、医学的温泉療法の指導を受けた名湯。伊香保温泉飲泉所は、伊香保神社から伊香保露天風呂に向かう途中にあり、だれでも気軽に温泉が飲用できます。

口に含むと、鉄分を感じる温泉らしい味が

伊香保温泉飲泉所

伊香保温泉には古来からの黄金の湯(こがねのゆ)と、平成8年に給湯が始まった白銀の湯(しろがねのゆ)という2種類の源泉があります。

黄金の湯は、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉(中性低張性温泉)。
白銀の湯は、メタけい酸含有量が温泉法に定める成分量を超えているため温泉と表示できる湯。
このうち、温泉街の最上部、黄金の湯源泉近くにあるのが伊香保温泉飲泉所です。
黄金の湯は、源泉から石段街を使って配湯される伊香保独自のシステムで(日本初の温泉都市計画とも)、源泉に近いからピュアな湯を飲泉で楽しむことができるのです。

黄金の湯、湧出時には無色透明で、鉄分が含まれるため空気に触れると茶褐色に。
つまり、伊香保露天風呂や各宿の湯が茶色く濁って見えるのは、空気に触れて酸化しているから。
ピュアなうちは「無色透明」なのです。

伊香保温泉黄金の湯は、飲用すれば痛風、慢性アレルギー性疾患、肥満症などに効能があります。

飲泉所のある東屋には、ベンチも設置されているので、まずはのんびりと味わってみましょう。
ただし鉄分を含んだ温泉はお世辞にも「美味しい」とはいえず、口直しの水も用意されているほど。

飲泉所すぐ近くにかかる紅葉橋のたもとに「湯元呑湯道標」(ゆもとのみゆどうひょう)が設置されていることにも注目を。
ベルツ博士の指導で飲泉療法が盛んになり(実は現在でも入浴による温泉の効能は科学的に解明されたわけではなく、明治時代も飲泉による療法が大いに奨励されていました)、飲泉所(呑湯)が設置されました。
「右 榛名山二ツ嶽、左 湯元呑湯」と記された標石(しるべいし)は、温泉街・伊香保神社から飲泉所への道案内に明治23年に設置されたもの。
湯元というのは源泉のある地区一帯の字名(あざめい)なのです。
「湯元呑湯道標」は、渋川市の史跡に指定されています。

伊香保温泉飲泉所
名称 伊香保温泉飲泉所/いかほおんせんいんせんじょ
所在地 群馬県渋川市伊香保町伊香保湯元
関連HP 渋川伊香保温泉観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR渋川駅から関越交通バス伊香保温泉行きで27分、終点下車、徒歩20分
ドライブで 関越自動車道渋川伊香保ICから約11km
駐車場 河鹿橋駐車場(18台/無料)
問い合わせ 渋川伊香保温泉観光協会 TEL:0279-72-3151
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
伊香保露天風呂

伊香保露天風呂

群馬県渋川市の伊香保温泉(いかほおんせん)。石段街上の伊香保神社脇から、さらに急坂を登り詰めたところにある公共の露天風呂が伊香保露天風呂です。古くからの源泉である黄金の湯(こがねのゆ)が掛け流しで注がれます。竹垣に囲まれた露天風呂は男女別に

伊香保温泉・石段街

榛名山(はるなさん)北東麓に湧く古湯、伊香保温泉。戦国時代にできたという石段と石段街は、温泉街のシンボル的存在だ。山上の伊香保神社と山裾の伊香保御関所を300m、365段で結んでします。石段の両側には、みやげ物屋などが軒を連ねており、階段に

伊香保神社

伊香保神社

伊香保神社は、伊香保温泉街を見下ろす石段街の最上部に建ち、温泉街の鎮守社。天長2年(825年)の創建と伝えられる古社で、富岡の貫前神社(一之宮)、赤城の赤城神社(二之宮)とともに上野(かみつけ)国三之宮として、伊香保温泉のシンボルともなって

源泉湧出口観覧所(伊香保温泉源泉)

源泉湧出口観覧所

群馬県渋川市に湧く、伊香保温泉。その最上部に鎮座する伊香保神社から徒歩10分、温泉街の最奥、伊香保露天風呂脇にある第2号源泉湧出口を見学できるのが源泉湧出口観覧所。湧出量毎分4627リットルという源泉(硫酸塩泉)が勢いよく噴出する様子をドー

伊香保温泉『紅葉ライトアップ』

伊香保温泉『紅葉ライトアップ』|渋川市|2019

2019年10月22日(火)~11月17日(日)16:30~22:30、群馬県渋川市の伊香保温泉で『紅葉ライトアップ』を実施。平成13年から始まったライトアップ企画。伊香保温泉源泉地周辺、河鹿橋一帯のもみじがライトアップされます。源泉地のす

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ