石段の湯

石段の湯

群馬県渋川市、伊香保温泉(いかほおんせん)のシンボルでもある石段街の上り口右手に位置する共同浴場が石段の湯。地元の人もよく利用する蔵造りの浴場で、1階が浴場、2階が休憩室になっています。源泉は、旅館にも給湯されている1・2・4・5・6号泉の混合泉で、いわゆる黄金の湯(こがねのゆ)。

伊香保石段街入口にある素朴な共同湯

泉質は、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉。
硫酸塩泉の湯は、婦人病や不妊症などに効果があり、「子宝の湯」の別名もあります。

男女別の内湯のみで、露天風呂はありません。
源泉掛け流しですが、一等地に建っているので混雑することが多いのが難点。

伊香保温泉の歴史は古く、開湯は紀元前の2000年前ともいわれていますが、明治初期に来日したドイツ人医学者・E・V・ベルツ博士(Erwin von Bälz)が、その泉質を高く評価。
日本で初めて医学的温泉療法の指導をしたという名湯で、明治30年代に、石段街の旅館の主人たちが、旅行案内書や錦絵を使って、「ベルツ博士お墨付きの温泉」をPRし、夏には多くの避暑客を集めました。
その意味では、効能を謳い文句にした近代的な温泉リゾートの走りでもあるのです。

伊香保温泉の配湯システムにも注目を

石段街の上の最奥の山腹に湧出する源泉(黄金の湯)は、石段の下を流れ、各旅館や石段の湯に配湯されるという画期的なシステムになっています。

これは天正4年(1576年)、武田勝頼(たけだかつより)に仕えた木暮下総守祐利(現在のホテル木暮のルーツ)とその率いる騎馬六騎を合わせた7人が生み出したもので、石段の両側に温泉を給湯する旅館を配するという奇抜な温泉街の設計でした。
天正4年(1576年)は、長篠の戦いの翌年。
つまり、合戦で負傷した武田兵の療養温泉として整備した推測されるのです。

石段には温泉が流れる様子を眺める小間口もあるので、お見逃しなく。
源泉には、源泉湧出口観覧所があるほか、源泉近くに伊香保温泉飲泉所、伊香保露天風呂があります。

石段の湯
名称 石段の湯/いしだんのゆ
所在地 群馬県渋川市伊香保町36
関連HP 渋川市公式ホームページ
電車・バスで JR渋川駅から関越交通バス伊香保温泉行きで27分、終点下車、徒歩5分
ドライブで 関越自動車道渋川伊香保ICから約11km
駐車場 石段街駐車場(29台/有料)、徳冨蘆花記念文学館駐車場(70台/有料)など
問い合わせ 石段の湯 TEL:0279-72-4526
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
小間口

小間口

伊香保温泉(群馬県渋川市)では、温泉を最奥部の猿沢に湧く源泉(黄金の湯=硫酸塩泉/毎分4000リットル)から地下の湯樋(ゆとい)を使って、石段街に流し、16ヶ所ある小間口から各旅館に分湯する独特の方法を採用。石段の途中には、小間口観覧所が設

伊香保温泉・石段街

榛名山(はるなさん)北東麓に湧く古湯、伊香保温泉。戦国時代にできたという石段と石段街は、温泉街のシンボル的存在だ。山上の伊香保神社と山裾の伊香保御関所を300m、365段で結んでします。石段の両側には、みやげ物屋などが軒を連ねており、階段に

源泉湧出口観覧所(伊香保温泉源泉)

源泉湧出口観覧所(伊香保温泉源泉)

群馬県渋川市に湧く、伊香保温泉。その最上部に鎮座する伊香保神社から徒歩10分、温泉街の最奥、伊香保露天風呂脇にある第2号源泉湧出口を見学できるのが源泉湧出口観覧所。湧出量毎分4627リットルという源泉(硫酸塩泉)が勢いよく噴出する様子をドー

伊香保温泉飲泉所

伊香保温泉飲泉所

伊香保温泉(群馬県渋川市)は、明治初期に「日本の温泉医学の父」といわれるベルツ博士(お雇い外国人・ドイツ帝国の医師)から国内で初めて、医学的温泉療法の指導を受けた名湯。伊香保温泉飲泉所は、伊香保神社から伊香保露天風呂に向かう途中にあり、だれ

伊香保露天風呂

伊香保露天風呂

群馬県渋川市の伊香保温泉(いかほおんせん)。石段街上の伊香保神社脇から、さらに急坂を登り詰めたところにある公共の露天風呂が伊香保露天風呂です。古くからの源泉である黄金の湯(こがねのゆ)が掛け流しで注がれます。竹垣に囲まれた露天風呂は男女別に

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ