黒薙温泉

黒薙温泉

富山県黒部市宇奈月町、トロッコ列車として知られる黒部峡谷鉄道の黒薙駅(くろなぎえき)から徒歩20分、黒部峡谷の谷間に湧く温泉が、黒薙温泉です。宇奈月温泉はここから引湯しているというほど豊富な湧出量で、大露天風呂が有名な一軒宿「黒薙温泉旅館」があります。

黒部峡谷に湧く秘湯に入浴&宿泊

正保2年(1645年)、音沢村(現・黒部市宇奈月町音沢)の太郎左衛門が、黒部川の支流黒薙川の畔で温泉の湧出を発見し、慶応4年5月6日(1868年6月25日)に開湯したというのが秘湯・黒薙温泉。
江戸時代は、加賀藩の奥山廻り(国境警備と森林保全のパトロール役)が警護し、立ち入りが禁じられていた地域です。

まさに深山幽谷の「隠れ湯」で、黒部川の電源開発用の鉄道敷設で昭和2年、後曳駅(現・黒薙駅)が開業、ようやく一般に利用され始めました(ただし黒薙駅の旅客利用は昭和28年から)。

現在も黒部峡谷鉄道の開通期間のみの営業で(例年4月下旬〜11月下旬)、混浴大露天風呂「源泉(いずみ)」は、水着・バスタオル着用可能。
女性専用露天風呂「天女の湯」も用意されています。

部屋にテレビもなく、川の音が大きく響く、まさに黒部の秘湯です。
その環境を十分に理解して、利用を。

黒薙温泉
女性専用露天風呂「天女の湯」
黒薙温泉
名称 黒薙温泉/くろなぎおんせん
所在地 富山県黒部市宇奈月町黒薙
関連HP 黒薙温泉旅館公式ホームページ
電車・バスで 黒部峡谷鉄道黒薙駅から徒歩20分
ドライブで 北陸自動車道黒部ICから約14kmで宇奈月駅、黒部峡谷鉄道トロッコ電車を利用
駐車場 宇奈月駅前駐車場(350台/有料)
問い合わせ 黒薙温泉旅館 TEL:0765-62-1802
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
黒薙駅

黒薙駅

富山県黒部市宇奈月町、黒部峡谷鉄道の駅で、他の駅と同様に峡谷にへばり付くように設置されているのが黒薙駅(くろなぎえき)。ホームの一部は黒薙川に架かる後曳橋(あとびきばし)の上です。黒部峡谷鉄道では数少ない有人駅ですが、ホームの見通しが悪いた

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ