となみ散居村ミュージアム

となみ散居村ミュージアム

庄川の扇状地に広がる砺波平野で名高いのが散居村(さんきょそん)。富山県砺波市太郎丸にある散居村を紹介するミュージアムがとなみ散居村ミュージアム。散居村とはカイニョと呼ばれる屋敷林に囲まれた家々が100mほどの間隔を空け、1戸~3戸ずつ水田に分散した砺波平野独特の集落です。

散居村を探勝するなら、まずはここへ

「美しい砺波平野全体が博物館」というフィールドミュージアムの発想で、となみ散居村ミュージアムを中核施設に、「となみ野田園空間博物館」には8つの地域拠点施設(サテライト)が築かれ、散居村探勝を楽しむことができます。

となみ散居村ミュージアムは、メイン施設の情報館と、サテライト施設の伝統館と交流館があり「となみ野田園空間博物館」の拠点として平成18年6月にオープン。

情報館は、砺波地方の伝統的家屋となる切妻造り平入りの「マエナガレ様式」をイメージした建物で、散居村の情報を入手することが可能。
伝統館は、切妻造り妻入り「アズマダチ様式」の白壁、「ゲンカ」の土間など大正~昭和初期の建物を忠実に復元したもの。
散居村を一望する場所に「夢の平散居村展望台」がありますが、その場所への行き方も情報館でガイドされているので、まずはここに立ち寄るのが賢明です。

出雲の斐川平野(ひかわへいや)、静岡県の大井川扇状地、岩手県の胆沢平野、北海道の十勝平野などにも散居村風景は見られますが、その完成度、規模からも砺波平野(総戸数7000戸)に勝るものはなく、丘陵から見渡す風景は、まさに絶景。

「となみ野田園空間博物館」にはとなみ散居村ミュージアムのほか、あずまだち高瀬(南砺市井波)、カイニョと椿の森公園「いのくち椿館」(南砺市井口)、二万石用水親水空間、安居大堤ビオトープ、散居村散策の道、法林寺歴史街道、桜ヶ池遊歩道の8ヶ所の地域拠点施設(サテライト)があります。

また砺波市内の散居村の展望台としては、有名な散居村展望台のほか、三条山展望台、鉢伏山山頂など、南砺市では閑乗寺公園、フラワーライン展望台(大鋸屋展望所)、南砺市つくばね森林公園などがあります。

散居村のキーワードは、カイニョ(屋敷林)

散居村
空から眺めた散居村(砺波市の西部、鷹栖地区)

散居村は扇状地の開拓を行なうときに、水の確保が容易であることからばらばらに入植し、入植地の周囲を順次開拓した結果、散居村が生まれたというもの。
カイニョと呼ばれる屋敷林は、風雪や夏の強い日差し、砺波平野特有の西風から屋敷を守るため、開拓時にあった原生林の一部を残したもので、「高 (土地)を売ってもカイニョは売るな」と大切に守られたきています。
屋敷林が東を除く三方を取り囲むように茂るのは、季節風の吹く方向から。
植生も高木は風に強いスギやアスナロ、ケヤキ、中低木はカキ、カエデ、ツバキなどが使われ、多彩で、かつては燃料の木、家の補修(ケヤキ、アスナロ、スギ)、娘に持たせるタンスの桐(キリ)もこの屋敷林で賄っていました。
「落ち葉の処理に困るなど、近年は敬遠される傾向にあるカイニョですが、戦前は見合い結婚の際、相手方のカイニョを見て決めました。カイニョが手入れされていれば、その家族は働き者で、用意周到」(地元農家の話)というほどで、その家の暮らしぶりまでもがカイニョから判断されていたのです。

取材・画像協力/砺波市

散居村
小矢部砺波JCT周辺にも散居村が展開!
となみ散居村ミュージアム
名称 となみ散居村ミュージアム/となみさんきょそんみゅーじあむ
所在地 富山県砺波市太郎丸80
関連HP となみ散居村ミュージアム公式ホームページ
電車・バスで JR砺波駅から加越能バス庄川方面行きで5分、太郎丸下車、徒歩5分。または、タクシーで5分
ドライブで 北陸自動車道砺波ICから約1.5km
駐車場 50台/無料
問い合わせ となみ散居村ミュージアム TEL:0763-34-7180/FAX:0763-34-7182
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
フラワーライン展望台(大鋸屋展望所)

フラワーライン展望台(大鋸屋展望所)

富山県南砺市、国道304号で城端市街から五箇山に向かう途中、五箇山と城端を結ぶ五箇山トンネルの北側にある展望台がフラワーライン展望台。大鋸屋展望所と呼ばれる展望駐車場からは砺波平野の散居村を眼下にします。郷土が生んだ政治家・松村謙三の胸像も

散居村展望台

散居村展望台

富山県砺波市、夢の平スキー場近くにある展望台が散居村展望台(さんきょそんてんぼうだい)。砺波平野(となみへいや)の散居村風景を一望にする絶景の地。鉢伏山(510.1m)の標高433mの地点にある展望台で、富山県の「ふるさと眺望点」にも指定さ

閑乗寺公園

閑乗寺公園

富山県南砺市、井波市街の南東、標高300m内外の高台(閑乗寺高原)に位置し、砺波平野の散居村を一望にする10.8haの公園が閑乗寺公園(かんじょうじこうえん)。散居村の展開する砺波平野と庄川を眼下に、遠く富山湾まで眺望。地元では夕日、夜景展

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ