七輿山古墳

七輿山古墳

群馬県藤岡市にある古墳時代中期、6世紀前半の築造と推定される巨大な前方後円墳が七輿山古墳(ななこしやまこふん)。墳丘長145m、東日本で6番目の巨大古墳(全国73位)で、6世紀代の古墳としては東日本最大級のもので、国の史跡になっています。高さ110cmという巨大な円筒埴輪も出土。

東日本で6番目の巨大な古墳

七輿山古墳

発掘調査で、埴輪(円筒・朝顔型円筒・人物・馬・盾型)、須恵器、土師器(はじき)などが出土。
高さ110cmという円筒埴輪には、7本の筋があり(七条凸帯)、被葬者の身分が高いことの証し(藤岡歴史館に展示)。

『日本書紀』によれば6世紀には現在の藤岡市に緑野屯倉(みどのみやけ)が設置されたことになっています。
屯倉とは、税になる産物の一時置き場で、現在の県庁的な存在(ヤマト王権の直轄領)。

古代、日本の中央集権化の過程で、武蔵国造の乱(古墳時代後期、6世紀に起こった武蔵国造の内乱)で敗北した上毛野氏が、ヤマト王権に屈服し、屯倉が設置されたのだと推測されます。

5世紀後半、毛野国(けのくに)、とくに西毛地区(南西部の高崎・藤岡・安中一帯)には馬を飼育し乗馬技術を持った人が朝鮮半島から入植。
その結果、物資の輸送に海上輸送だけでなく陸路を活用するように変化し、岐阜から東山道を通って様々なも物資が入り、ヤマト王権との交流も活発化したのです。
古墳はそんな時代に築かれたもの。

七輿山という名は、日本三大古碑の1つ、多胡碑に「羊」と記されている多胡羊太夫(たごひつじだゆう=出自は不明)の妻女ら7人がここで自害し、輿に乗せて葬ったので「七輿山」という名前になったと伝えられています。

ちなみに昭和10年に実施された群馬県下一斉古墳調査によれば、群馬県内には8423基の古墳が確認され(実際には1万基以上あったと推測されます)、そのうち1198基が藤岡市内にありました。
都市開発で現在では450基ほどとなっているが、この一帯が古代、東日本の政治・文化の中心地域として栄えたことがよくわかります。

国の史跡となった七輿山古墳、白石稲荷山古墳、十二天塚古墳、十二天塚北古墳などは白石古墳群(しろいしこふんぐん)の七輿山支群を構成しています。

白石古墳群

白石古墳群(七輿山支群、稲荷山支群、猿田支群、下郷支群の4つで構成)には、前方後円墳(七輿山古墳、白石稲荷山古墳)、方墳(白石稲荷山古墳の倍塚)、円墳(平井地区1号古墳、伊勢塚古墳)など、さまざまな形態の各時代の古墳があり、さながら「古墳のフィールドミュージアム」という雰囲気になっています。

名称 七輿山古墳/ななこしやまこふん
所在地 群馬県藤岡市上落合
関連HP 藤岡市公式ホームページ
電車・バスで JR群馬藤岡駅からバスで30分、七輿山古墳入口下車、徒歩1分
ドライブで 上信越自動車道藤岡ICから約4.5km
駐車場 七輿の門駐車場
問い合わせ 藤岡市教育委員会文化財保護課 TEL:0274-23-5997
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
白石稲荷山古墳

白石稲荷山古墳

群馬県藤岡市にある墳丘長155mほどの巨大な前方後円墳が白石稲荷山古墳。墳丘長155mは、東日本で5番目の巨大古墳で、国の史跡。発掘調査から葺石で覆われ、円筒埴輪と朝顔形円筒埴輪などが並んでいたと推測されています。七輿山古墳などとともに毛野

東日本の古墳 ベスト10

東日本の古墳 ベスト10

日本最大の古墳は大仙古墳(仁徳天皇陵)で墳丘長486m。東日本で最大の古墳は群馬県太田市の天神山古墳で210m。全国レベルだと26位と、巨大古墳は西日本に多いことがわかります。それでも東日本のベスト10を見てみると、ヤマト王権と東日本の首長

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ