万座プリンスホテル

万座プリンスホテル

群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉にある日本ホテル協会加盟のリゾートホテルが、万座プリンスホテル。入口・バス停部分の標高は1740mで、日本ホテル協会加盟のホテルで通年営業としては、日本最高所、しかも温泉、露天風呂のあるリゾートホテルでも最高所となっています。

日本最高所の温泉付きリゾートホテル(日本ホテル協会加盟

万座プリンスホテル
女性専用の屋根付き露天風呂「しゃくなげの湯」

ホイチョイ・プロダクション原作(ホイチョイ三部作の第1作)、スキーブームを作った伝説の映画『私をスキーに連れてって』(昭和62年公開、主演・原田知世、主題歌・松任谷由実『サーフ天国、スキー天国』)のロケ地にもなったように、スキーでは名高い万座温泉、そして万座プリンスホテル。
松任谷由実の『恋人がサンタクロース』も『私をスキーに連れてって』のヒットで、一躍有名に。
そんなスキーのイメージが強い万座温泉ですが、実は温泉ファンには、日本一の硫化水素泉としても有名。

温泉と春の新緑、夏の避暑、秋の紅葉を目的にすれば、むしろ冬意外が料金的にも、混雑度もおすすめの時期(お盆などを多客時を除いて)。

客室は、ツインルーム、フォースベッドのファミリールーム、和室があり、ファミリーならファミリールームがおすすめです。
夕食は、「レストランしゃくなげ」で人気のブッフェのほか、メインダイニングでフレンチのコース料理、「和食堂松風」で会席料理を味わうことも可能。

温泉は、絶景露天風呂としても知られる「こまくさの湯」(男女別)、女性専用の屋根付き露天風呂「しゃくなげの湯」、男女別内湯の「ななかまどの湯」があります。
「こまくさの湯」は男湯のもっとも高い場所に、女湯からもアプローチできる共用の露天風呂があり、湯浴み着を着て、カップルやファミリーで入浴ができます(ただし男湯との仕切りがなく、双方から丸見えです)。
源泉は、万座温泉・姥湯で、泉質は同じプリンスホテルグループの万座温泉ロッジと同じ。
泉質は、酸性・含硫黄-マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉。
源泉温度が80度と高温のため、熱交換で冷やし、加水しています。

事前に予約すれば、軽井沢駅からの無料送迎バス(運行しない時期もあります)が利用でき、新幹線からの乗り継ぎ、軽井沢のプリンスホテルとのハシゴなども可能。

万座プリンスホテル
「レストランしゃくなげ」でのブッフェ
万座プリンスホテル
本館ファミリールーム
万座プリンスホテル
名称 万座プリンスホテル/まんざぷりんすほてる
所在地 群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
関連HP 万座プリンスホテル公式ホームページ
電車・バスで JR万座・鹿沢口駅から路線バスで約40分。JR軽井沢駅から路線バスで1時間45分。夏期は宿泊者限定で送迎バス運行(要予約)
ドライブで 上越自動車道信州中野ICから約35km、碓氷軽井沢ICから約61km
駐車場 190台/無料
問い合わせ 万座プリンスホテル TEL:0279-97-1111 /FAX:0279-97-3119
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
万座プリンスホテル

絶景! 夏休みは涼しい高原の宿へ!(2) 万座プリンスホテル

うだるような暑さを逃れて、夏は涼しい高原の宿へ! その2は、日本最高所の温泉街、万座温泉(群馬県吾妻郡嬬恋村)に建つ、万座プリンスホテル。入口・バス停部分の標高は1740mという高所で、絶景の庭園露天風呂からは源泉地帯の万座空噴、本白根山方

万座温泉

万座温泉

群馬県嬬恋村(つまごいむら)、草津白根山と万座山の裾合谷の1800mの高地に湧く温泉。温泉街としては日本最高所で、夏の避暑、冬はスキーでも人気です。源泉温度は高いときには90度近くに達することもあるほど高温で、泉質は酸性硫黄泉。日本でいちば

万座空噴

万座空噴

群馬県嬬恋村、上信越高原国立公園にある雲上の湯、万座温泉(まんざおんせん)の源泉地帯は万座川と殺生沢にわたる広範囲にありますが、薬師神社下にある最大泉源の万座湯畑、万座高原ホテル下の万座地熱、そしてもっとも活発に噴気が上がる万座空噴(まんざ

日本のリゾートホテル 標高TOP5

日本ホテル協会加盟 日本のリゾートホテル 標高TOP5

日本ホテル協会加盟のリゾートホテルで最高所に建つのは、ホテル立山で標高はなんと2450mの高所です。通年営業するホテルでは万座プリンスホテルということに。以下、上高地帝国ホテル、中禅寺金谷ホテル、リゾートホテル蓼科と続きます。1位 ホテル立

今すぐ万座プリンスホテルを予約する

万座プリンスホテルの公式ホームページで予約をするならコチラ

一休.comで予約をするならコチラ

JTBで予約をするならコチラ

楽天トラベルで予約をするならコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ