姫路城・ぬの門

姫路城の上山里丸の大手側の出入口にあたるのが「ぬの門」。反対側(搦手側)には「りの門」が構えていますが、「ぬの門」は、姫路城随一の堅固な防御を誇る門で、「ぬの門」から上山里丸、帯曲輪を経由して本丸に至る登城ルート(下道=したみち)の途中に位置しています。

下道と呼ばれる登城ルートの要衝を守る門

姫路城之図・ぬの門

上部が二重二階となったまさに2階建て構造のユニークな櫓門で、慶長年間築と推測されることから国の重要文化財に指定されています。

隠し石落とし、鋲だらけの門扉なども設置される防御に注目を。

姫路城の大手側の登城ルートは、迷路のように本丸を目指す上道のほかに、上山里丸経由の下道がありますが、下道の防御は、門の前に狭い枡形風の広場を設け、ここに敵を誘い込んで壊滅させるという発想になっています。
門で敵軍の侵攻を阻み、鉄砲狭間から鉄砲を射掛けるのを主体とする上道と、防御の手法が異なるのはその地形的な要因からです。

「いの門」から備前丸の下を抜け、「をの門」、「ぬの門」、「りの門」、「ちの門」をくぐる下道は、藩主の日常的な登城に利用されたと想像できます。

姫路城・ぬの門 DATA

名称 姫路城・ぬの門/ひめじじょう・みずいちもん
Nu-no-mon gate,Himeji Castle
所在地 兵庫県姫路市本町68
関連HP 姫路城公式ホームページ
電車・バスで JR・山陽電鉄姫路駅から徒歩15分
ドライブで 山陽自動車道山陽姫路東ICから約6km
駐車場 市営大手門駐車場(600台)、市営姫山駐車場(250台)、市営城の北駐車場(150台)/有料
問い合わせ 姫路城管理事務所TEL:079-285-1146/FAX:079-222-6050
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

姫路城

2017.12.07
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ