岩上神社・神籬石

岩上神社・神籬石

兵庫県淡路市、淡路島の巨石信仰の霊地が、 岩上神社(いわがみじんじゃ)。神が降臨する磐座(いわくら)が神籬石(ひもろぎいし)で、高さ12m、周囲16mの巨石です。本殿横の岩山中腹にある卵形の巨岩で、「ひもろぎのお岩さま」とも呼ばれています。

淡路島にある巨石信仰の地

岩上神社・神籬石

岩上神社は室町時代の天文10年(1541年)、大和国・石上神宮(現・奈良県天理市)の分霊を勧請して創建と伝わりますが、それは社殿が建てられた時代ということで、巨石の近くから平安時代の素焼き皿が出土することから、古代から祭祀されてきたと推測できます。
岩上神社本殿は、兵庫県の重要文化財に指定。

磐座(いわくら)と神籬(ひもろぎ)は同じ意味で、神の降臨する場ですが、あえて神籬とするのは特別な場(神の降臨の場所として特別につくられた場所)ということからだと推測できます。

麓には岩神寺があり、一帯が信仰の地だということがよくわかります。

岩上神社・神籬石
岩上神社・神籬石
名称 岩上神社・神籬石/いわがみじんじゃ・ひもろぎいし
所在地 兵庫県淡路市柳沢614
ドライブで 神戸淡路鳴門自動車道津名一宮ICから約6km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 淡路島観光協会 TEL:0799-22-0742/FAX:0799-24-4470
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ