富山新港展望台・新湊弁財天

富山新港展望台・新湊弁財天

富山新港の富山県射水市(いみずし)片口地区にある展望台。富山新港開港10周年を記念して昭和55年に建設された展望塔。高さは19.5mで、4階建て相当の位置から富山新港、そして新湊大橋を一望にするほか、晴れた日には立山連峰を眺望。東側には、高さ15mの新湊弁財天が立っています。

富山新港と立山連峰を一望に

富山新港展望台・新湊弁財天

新湊弁財天は、平和と港の守護の願いを込めて建立された弁財天像で、像の胎内には富山新港誕生以前に放生津潟(ほうじょうづがた=越の潟と呼ばれた潟湖)に築いた人工島・弁天島(がめ島)に明和4年(1767年)に創建された少童社(創建時は海竜社)の祭神が納められています。

少童社では海の神である少童命(わだつみのみこと)を祀り、少童命と弁財天は同体であることから弁財天像が建立されたというわけなのです。
弁財天像は高純度のアルミ製で、像の本体9.2mはアルミ製では日本一の大きさとのこと。
実は、富山県は豊富な電力と水を活用してアルミニウムの一大生産地(全国のアルミ製品の3割を製造)なのです。

富山新港展望台・新湊弁財天
名称 富山新港展望台・新湊弁財天/とやましんみなとてんぼうだい・しんみなとべんざいてん
所在地 富山県射水市片口
関連HP 射水市観光協会公式ホームページ
ドライブで 北陸自動車道小杉ICから約11km、能越自動車道高岡ICから約17km
駐車場 南水路緑地公園駐車場(25台/無料)
問い合わせ 射水市観光協会 TEL:0766-84-4649
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
富山県営渡船(越ノ潟フェリー)

富山県営渡船(越ノ潟フェリー)

富山県射水市の富山新港(伏木富山港新湊地区)で運航されるのが富山県営渡船(越ノ潟フェリー)。富山新港の完成で、港口が分断され、それによって廃止された富山地方鉄道射水線、富山県道1号(魚津氷見線)の代替交通手段として誕生した県営の渡船です。フ

新湊観光船

新湊観光船

富山県射水市にある富山新港・海王丸パークの帆船海王丸近くにある桟橋を起点に、新湊市内を流れる内川を通る定期クルーズの「内川遊覧&12橋巡り」、10名以上の予約で弁財天遊覧、『富山新港新湊まつり」の花火を鑑賞する「花火遊覧」、バレンタインナイ

帆船海王丸

帆船海王丸

富山県射水市の海王丸パークに係留される帆船海王丸。商船学校の練習船として昭和5年2月14日に進水した初代の帆船海王丸は、その優美な姿から「海の貴婦人」と呼ばれています。その帆船海王丸を平成2年4月に富山新港に回航、現役のまま係留公開した施設

海王丸パーク

海王丸パーク

富山県射水市にある「海の貴婦人」といわれる帆船「海王丸」を中心とした広大な臨海公園が海王丸パーク。係留された帆船「海王丸」のほかに、海洋に関する資料の展示される日本海交流センター(入館無料)、イベント広場、野鳥を観察できる富山新港臨海野鳥園

新湊大橋

富山県射水市(いみずし)の富山新港に架かる日本海側最大の上下2層構造の斜張橋(塔から斜めに張ったケーブルを橋桁に直接つなぎ支える構造の橋)。上層は自動車専用道、下層は自転車歩行者道になっています。下層はガラスで覆われた全天候型の自転車歩行者

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ