帆船海王丸

帆船海王丸

富山県射水市の海王丸パークに係留される帆船海王丸。商船学校の練習船として昭和5年2月14日に進水した初代の帆船海王丸は、その優美な姿から「海の貴婦人」と呼ばれています。その帆船海王丸を平成2年4月に富山新港に回航、現役のまま係留公開した施設で恋人の聖地となった海王丸パークのメイン施設となっています。

昭和5年2月14日進水の「海の貴婦人」

帆船海王丸
日没~20:00にはイルミネーションも実施

昭和2年3月、鹿児島商船水産学校の練習船「霧島丸」が宮城県金華山沖にて暴風雨のため沈没し、乗組員および生徒の合計53名が全員死亡するという大惨事が発生。
それを契機に「日本丸」、「海王丸」という大型練習帆船2隻(当時全国 11 校あった公立商船学校の共有練習帆船として)の建造が決定します。

昭和5年2月14日、神戸・川崎造船所艦船工場(現・川崎造船神戸工場)で進水。
以来、平成元年9月16日に引退するまで、第一次遠洋航海(トラック島)以来、平成元年の最後の遠洋航海(ホノルル、ポートアレン)に至るまで、 59年にも及ぶ総航程は106海里(地球約50周)。
育てた海員は1万1190人を数えます。

引退後、財団法人帆船海王丸記念財団に払い下げられ、一般公開のための改修工事が施され、平成2年4月28日、富山新港北埠頭で一般公開が開始されました。
その後、何度か修復が行なわれ、海王丸パークのメイン施設として余生を送っているのです。

29枚ある帆をすべて広げる総帆展帆(そうはんてんぱん)は、4月下旬~11月初旬の間に10回ほど実施されるので、ホームページでチェックを。
現在、国内の帆船で総帆展帆を実施、見学できるのは海王丸と横浜港に保存される日本丸の2隻だけ。

船体整備期間を除く毎日、日没~20:00にはイルミネーションも実施。

ちなみに海王丸が射水市に保存されているのは、海王丸で多くの海員が育った旧富山商船高等専門学校(現・富山高等専門学校射水キャンパス/新湊町立新湊甲種商船学校が前身、全国5ヶ所に設置された商船高専のうち唯一日本海側にあった)が近くにあるから。

帆船「海王丸」(初代)仕様

船種:4本マストバーク型帆船
総トン数:2238.4トン
全長:97.05m
全幅:12.95m
メインマスト:海面から46m
総帆数:29枚(合計1245畳分)
機関方式:ディーゼル(2基)
設計:ラメージ&ファーガッソン社(スコットランド)
建造:川崎造船所艦船工場(現・川崎造船神戸工場)

名称 帆船海王丸/はんせんかいおうまる
所在地 富山県射水市海王町8
関連HP 海王丸パーク公式ホームページ
電車・バスで 万葉線海王丸駅から徒歩5分
ドライブで 北陸自動車道小杉ICから約11km
駐車場 600台/無料
問い合わせ 海王丸パーク TEL:0766-82-5181/FAX:0766-82-5197
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

新湊大橋

富山県射水市(いみずし)の富山新港に架かる日本海側最大の上下2層構造の斜張橋(塔から斜めに張ったケーブルを橋桁に直接つなぎ支える構造の橋)。上層は自動車専用道、下層は自転車歩行者道になっています。下層はガラスで覆われた全天候型の自転車歩行者

海王丸パーク

海王丸パーク

富山県射水市にある「海の貴婦人」といわれる帆船「海王丸」を中心とした広大な臨海公園が海王丸パーク。係留された帆船「海王丸」のほかに、海洋に関する資料の展示される日本海交流センター(入館無料)、イベント広場、野鳥を観察できる富山新港臨海野鳥園

海王丸パークフェスティバル

海王丸パークフェスティバル・総帆展帆|射水市|2019

2019年7月13日(土)~7月15日(月・祝)、射水市の海王丸パークで『海王丸パークフェスティバル・総帆展帆』。7月14日(日)は、親子展帆体験、7月15日(月・祝)には海王丸の総帆展帆(登しょう礼・満船飾)も行なわれます。例年、新湊観光

日本丸メモリアルパーク

日本丸メモリアルパーク

昭和5年に運輸省航海練習所の元練習船として進水し、数々の遠洋航海に出た日本丸。昭和59年に練習船としての役目を終え、横浜に永久的に錨を下ろしました。その帆船日本丸が係留保存されるのが横浜みなとみらい21地区にある日本丸メモリアルパーク。日本

新湊観光船

新湊観光船

富山県射水市にある富山新港・海王丸パークの帆船海王丸近くにある桟橋を起点に、新湊市内を流れる内川を通る定期クルーズの「内川遊覧&12橋巡り」、10名以上の予約で弁財天遊覧、『富山新港新湊まつり」の花火を鑑賞する「花火遊覧」、バレンタインナイ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ