古井家住宅(千年家)

古井家住宅(千年家)

兵庫県姫路市安富町にある室町時代末期の築と推測される民家が、国の重要文化財に指定される古井家住宅(千年家)。全国的にも古い遺構で、「千年家」と通称されています。床下には厄除けとして亀石が祀られ、その亀石が幾度かの火災の際に水を出して焼失から守ったと伝えられています。

室町時代築の国内最古級の民家が姫路市に!

古井家住宅(千年家)

昭和42年までは主屋と離れ(江戸時代中期築)を1棟にして、建物板の間に畳を敷いて実際に生活していましたが、解体修理のために建築当初の姿に戻され、姫路市が買い取り、一帯と民家を「千年家公園」として保存公開しています。
内部の見学は土・日曜、祝日(年末年始を除く) だけなので、内部を見学したい場合には事前に公開日を確認を。

古井家住宅(千年家)は、箱木家住宅(兵庫県神戸市)、横大路家住宅(福岡県糟屋郡新宮町)とともに三大千年家とも称されています。

古井家住宅(千年家)
名称 古井家住宅(千年家)/ふるいけじゅうたく(せんねんや)
所在地 兵庫県姫路市安富町皆河233-1
関連HP 姫路市公式ホームページ
ドライブで 中国自動車道山崎ICから約11km
駐車場 千年家公園駐車場(有料)を利用
問い合わせ 姫路市教育委員会 TEL:079-221-2786/FAX:079-221-2779
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
横大路家住宅(千年家)

横大路家住宅(千年家)

福岡県糟屋郡新宮町にある茅葺き屋根の大きな曲家の横大路家住宅(よこおおじけじゅうたく)。江戸時代中期の建物と推定され、九州地方における最も古い民家のひとつとして、国の重要文化財に指定。竈(かまど)の火は千年絶えることがなく、「千年家」(せん

箱木家住宅(箱木千年家)

箱木家住宅(箱木千年家)

兵庫県神戸市北区、呑吐ダム(どんどだむ)のダム湖、つくはら湖の湖畔に建つ古民家が、箱木家住宅(箱木千年家)。『摂津名所図会』には大同元年(806年)に建てられたと記され、千年家と呼ばれていました。現存する主屋は室町時代築と推測され、現存する

三大千年家

三大千年家とは!?

築1000年を超えるほどの古い民家というのが千年家。江戸時代に生まれた呼称ですが、実際には室町時代の築なので、築500年ほど。雨が比較的に少ない、兵庫県神戸市の箱木家住宅(箱木千年家)、姫路市の古井家住宅(千年家)、そして福岡県糟屋郡新宮町

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ