弘前ねぷたまつり|弘前市

弘前ねぷたまつり

毎年8月1日~8月7日、青森県弘前市で『弘前ねぷたまつり』が開催されます。三国志や水滸伝などの武者絵を題材とした大小約80台の勇壮華麗な「ねぷた」(弘前ではねぷたと呼びます)が、城下町弘前を練り歩きます。国の重要無形民俗文化財に指定されている弘前ねぷた。環境省の「残したい日本の音風景100選」にも選定。

江戸時代に始まった歴史ある行事

夏の農作業の妨げとなる眠気や怠け心などを流す、「眠り流し」という農民行事から生まれ、またねぷたの語源も、この「眠り流し」から「ねむたながし」、「ねむた」、「ねぷた」と転訛したのではないかといわれています。
弘前ねぷたには扇ねぷた(扇型)と組ねぷた(人形型)があり、総数約80台の県内最多のねぷたが運行されます。

かけ声とともに、太鼓・笛・鉦で構成されるねぷ囃子は、ねぷたに魂を与え、見る人々の血を奮い立たせます。
先陣を行く「津軽剛情っ張り大太鼓」は、負けず嫌いだったという3代藩主・津軽信義(つがるのぶよし)が作らせたのが創始と伝えられています。

最終日の8月7日の17:00〜、岩木川沿いの土手を十数台の本ねぷたが運行する「ねぷた流し」や、ねぷたを炎で清め送る『なぬかびおくり』も予定されています。

またねぷた期間中9:00~17:00、弘前公園中濠観光舟が特別運航されます(事前予約は不可)。

8月1日~4日=19:00~土手町コース(交通規制:18:30~22:00頃)
8月5日~6日=19:00~駅前コース(交通規制:18:30~22:00頃)
8月7日(なぬか日)=10:00~土手町なぬか日コース(交通規制:9:30~11:30頃)、17:00~岩木川河川敷で『なぬかびおくり』


弘前の歴史に表れるのは、享保7年(1722年)の藩日記『御国日記』に、5代藩主・ 津軽信寿(つがるのぶひさ)が紺屋町の織座で「袮むた」を高覧したという記録が最初。
国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

弘前ねぷたまつり|弘前市
開催日時 毎年8月1日~8月7日
所在地 青森県弘前市
場所 土手町コース、駅前コース
関連HP 弘前観光コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで 土手町コース=弘南鉄道大鰐線中央弘前駅からすぐ、駅前コース=弘南鉄道弘南線弘前駅からすぐ
ドライブで 東北自動車道大鰐弘前ICから約9km(周辺は交通規制が実施されるため注意を)
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 弘前市立観光館 TEL:0172-37-5501
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
青森ねぶた祭

青森ねぶた祭|青森市

毎年8月2日~8月7日、青森県青森市で『青森ねぶた祭』が開催。津軽地方の祭礼の代表はなんといってもねぶた祭。弘前ねぷたに見られる「扇ねぷた」は、三国志や水滸伝などの表の勇壮な鏡絵であるのに対し、青森のねぶたは送り絵、または見送り絵と呼ばれる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ