高根島灯台

高根島灯台

広島県尾道市、芸予諸島のひとつ、高根島(こうねしま)の北端・押寄鼻に建つのが高根島灯台。明治27年5月15日初点灯という歴史ある石造灯台で、保存灯台のランクはDランクですが、海上保安庁の日本の灯台50選に選定されています。平成5年3月に改築されていますが、基本的な構造は明治時代の建築当初のままです。

三原瀬戸の航路を見守る灯台

高根島灯台

四国と大島に挟まれた来島海峡は瀬戸内海の主要航路でしたが、潮流が早いため、海の難所にもなっていました。
そのため、大型の動力船が普及する以前には沿岸ルートの大三島と大崎上島の間、つまりは三原沖から布刈瀬戸を通る「三原瀬戸航路」が活用されていました。

高根島へは「瀬戸内しまなみ海道」(西瀬戸自動車道)が通る生口島から高根大橋を渡れば車や自転車でも到達できます。
広島県道370号(高根島線)の灯台入口に「灯台1km」という小さな表示があるのでこれを見落とさなければ(高根島を時計回りに周回すると見落とすので、反時計回りにアプローチを)、狭い幅員ながら舗装道路で灯台近くまで到達できます。
みかん畑横の駐車スペースから山道(遊歩道)を5分ほど歩けば灯台に到達します。

塔高は4.85mと小さいのですが、灯火部分は海面から標高45.32mの高さにあります。
12海里(22km)先の海にまで光は届く設計に。

明治時代、三原瀬戸航路に設置された9灯台

明治時代のほぼ同時期に「三原瀬戸航路」には9基の灯台が建設されています。

・高根島灯台(広島県尾道市高根島/明治27年5月15日初点灯/保存灯台Dランク)
・大浜埼灯台(広島県尾道市因島/明治27年7月4日初点灯/保存灯台Cランク)
・長太夫礁灯標(広島県尾道市海細島/明治13年2月5日初点灯/保存灯台Dランク)
・小佐木島灯台(こさぎじまとうだい/広島県三原市/明治27年7月4日初点灯/保存灯台Cランク)
・中ノ鼻灯台(広島県大崎上島町/明治27年5月17日初点灯/保存灯台Cランク)
・百貫島灯台(愛媛県上島町の無人島/明治27年5月15日初点灯/志賀直哉の『暗夜行路』に尾道まで光が届いたと記される灯台/保存灯台Cランク)
・大下島灯台(愛媛県今治市大下島/明治27年5月15日初点灯/保存灯台Cランク)
の合計7ヶ所が現存。

大久野島灯台(広島県竹原市大久野島)の初代灯台(明治27年7月4日初点灯)は四国村(香川県高松市)に移築保存されています。
9灯台のうち、残念ながら鮴埼灯台(めばるざきとうだい/広島県豊東野町/明治27年5月15日初点灯)は平成21年1月19日に廃灯になり撤去されています。

名称 高根島灯台/たかしまとうだい
所在地 尾道市尾道市瀬戸田町高根
関連HP 尾道市公式ホームページ
ドライブで 西瀬戸自動車道生口島北ICから約11km。中型車通行不可。
駐車場 5台/無料
問い合わせ 尾道市海上保安部 TEL:0848-22-2109
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大浜埼灯台

大浜埼灯台

広島県尾道市、因島大橋の架かる布刈瀬戸(めかりせと)の因島側に建つのが大浜埼灯台。瀬戸内海の重要な航路の一つ、三原瀬戸航路を守る重要な灯台です。灯台のすぐ横に「灯台記念館」(旧大浜埼船舶通航潮流信号所)が建つほか、周辺には検潮所、大浜崎キャ

中ノ鼻灯台

中ノ鼻灯台

瀬戸内海に浮かぶ大崎上島(広島県大崎上島町)の東岸、大三島側に向かう中ノ鼻の突端に建つ灯台が中ノ鼻灯台。潮の流れが速い難所である来島海峡を避け、三原瀬戸を航行する船が多かったため、明治時代に建設された9灯台のひとつ。明治27年5月17日初点

大久野島灯台

大久野島灯台

広島県竹原市、「うさぎの島」で有名な芸予諸島・大久野島(おおくのじま)の南端に建つのが大久野島灯台。三原瀬戸航路に築かれた灯台で、現在の灯台は平成4年築の2代目。明治27年5月15日初点灯というという初代の灯台は、四国村(香川県高松市)に移

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ