大久野島・長浦毒ガス貯蔵庫跡

大久野島・長浦毒ガス貯蔵庫跡

広島県竹原市、芸予諸島の大久野島は、現在は「うさぎの島」として有名ですが、明治時代には芸予要塞の砲台が築かれ、昭和初期からは秘密裏に毒ガス研究、製造が行なわれ、「地図から消された島」に。製造した毒ガスを貯蔵した施設の跡のひとつが、長浦毒ガス貯蔵庫跡です。

大久野島最大の毒ガス貯蔵庫

山に隠されたように構築される長浦毒ガス貯蔵庫は、大久野島最大の毒ガス貯蔵庫。
台座は当時貴重だったコンクリート製で、直径4m、高さ11mの巨大なタンク(容量85t)が6基設置されていました。

戦後、GHQ(連合国最高司令官総司令部)が接収し、火炎放射器を使用した残留毒素の焼却作業を実施。
一部、煤けた痕跡があるのは、この焼却作業のため。
無毒化作業から年月を経ていますが、念のためにも、長居は禁物です。
倒壊の危険などもあるため、内部は立入禁止(外観のみ見学可能)。

「地図から消された島」大久野島の毒ガス製造

昭和2年、島全体が陸軍の毒ガス製造を目的として、帝国陸軍の管理下となり、数軒あった農家も立ち退きが強いられました。

昭和4年、東京第二陸軍造兵廠火工敞忠海兵器製造所による毒ガスの製造が開始され、昭和20年まで毒ガスの開発、研究が続けられ、最盛期には5000人〜6000人が従事していたといわれています(その多くは学徒動員で収集)。
過酷な労働で、労働者の体調を医者が管理し、毒ガスの影響で体調が悪化すれば労働者を現場から室内の労働へと移動させ、交代しながら現場作業が続けられていました。

昭和6年発行の国土地理院の地図には大久野島は記載がありますが、昭和13年発行の地形図からは島が姿を消しています。

化学戦の実態は慎重に秘匿されたため、昭和59年に報道されるまでは知られることのない存在でしたが、その後の研究で、毒ガス兵器の研究開発は旧陸軍化学研究所(登戸研究所など)、大量製造したのは大久野島、小倉陸軍造兵廠(現・福岡県北九州市小倉北区)製の砲弾・爆弾に充填は東京第二陸軍造兵廠曽根製造所(現・福岡県北九州市)、化学戦の運用、訓練には陸軍習志野学校(現・千葉県習志野市)という役割分担があったことも判明しています。

大久野島・長浦毒ガス貯蔵庫跡
名称 大久野島・長浦毒ガス貯蔵庫跡/おおくのしま・ながうらどくがすちょぞうこあと
所在地 広島県竹原市忠海町大久野島
関連HP 竹原市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 大久野島第一桟橋から徒歩20分、大久野島第二桟橋から徒歩20分
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大久野島毒ガス資料館

大久野島毒ガス資料館

広島県竹原市、大久野島の第一桟橋近くにあるのが、大久野島毒ガス資料館。戦前、戦時中、大久野島では帝国陸軍の化学兵器(毒ガス)開発が行なわれたことから、地図にも記載されず、「地図から消された島」といわれていました。そんな戦前、戦時中の歴史を

大久野島・三軒家毒ガス貯蔵庫跡

大久野島・三軒家毒ガス貯蔵庫跡

広島県竹原市、芸予諸島の大久野島は、現在は「うさぎの島」として有名ですが、明治時代には芸予要塞の砲台が築かれ、昭和初期からは秘密裏に毒ガス研究、製造が行なわれ、「地図から消された島」に。製造した毒ガスを貯蔵した施設の跡のひとつが、三軒家毒ガ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ