日本最寒の地碑

日本最寒の地碑

朱鞠内湖(しゅまりないこ)北東の母子里地区では、昭和53年2月17日に記録したマイナス41.2度を記録。これが日本国内における最寒温度の記録。国道275号沿いには、この最低記録を記念して造られた寒さをテーマにした公園「母子里クリスタルパーク」があり、日本最寒の地を記念するつららをモチーフとしたモニュメントも立っています。

気象庁の非公認ながら、日本の最寒記録に間違いなし!

気象庁の公認記録は、明治35年1月25日、上川測候所(現在の旭川地方気象台)で記録した氷点下41.0度(この日、八甲田山では悲劇を生んだ雪中行軍が行なわれていました)。
朱鞠内の記録は、気象庁の公認記録とはなっていないのです。

北海道大学付属演習林近隣の気象観測施設で観測しているのですが、この施設が気象庁の観測対象から外れているため、非公式の記録となっているのです。
気象庁の公認記録でも旭川(-41.0/明治35年1月25日)、帯広(-38.2/明治35年1月26日)、江丹別(-38.1/昭和53年2月17日)、富士山(-38.0/昭和53年2月17日)、歌登(-37.9/昭和53年2月17日)、幌加内(-37.6/昭和53年2月17日)、美深(-37.0/昭和53年2月17日)というのがベスト7。
富士山を除いて北海道の内陸部が並びますが、注目は江丹別以下が昭和53年2月17日ということ。
つまりは、朱鞠内湖(母子里地区)の昭和53年2月17日の記録は大いにありえるということに。
さらにいえば、この日は、大雪山など北海道内陸部の高所ではもっと寒かった可能性があるのです。

朱鞠内湖は、北海道の中でも内陸で、標高も高く(湖面標高282m)、四方が山に囲まれた盆地(気温差が激しい)、周囲が森林など冬場の最低気温という条件にピッタリなのです。

母子里クリスタルパーク管理棟では「日本最寒地到達証明書」も発行してくれるので、お見逃しなく。

日本最寒の地碑 DATA

名称 日本最寒の地碑/にほんさいかんのちひ
所在地 北海道雨竜郡幌加内町朱鞠内湖畔
関連HP 幌加内町観光協会公式ホームページ
駐車場 50台/無料
問い合わせ 幌加内町観光協会TEL:0165-35-2380
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ