宗谷岬牧場

宗谷岬牧場

「宗谷丘陵の周氷河地形」として北海道遺産に登録される北海道稚内市、宗谷岬背後の波状丘陵。北海道の波状丘陵の多くは農地改良などで失われていますが、宗谷丘陵は、面積1800haという広大な宗谷岬牧場の牧草地、放牧地として転用されています。57基の風力発電の風車が回るなか、5月下旬〜10月下旬に肉牛が放牧されています。

氷河が生んだ波状丘陵が広大な牧場に!

宗谷岬牧場
牧草地に遊ぶ野生のエゾシカ

宗谷丘陵は、ウルム氷河期(地球最後の氷河時期)の末期に、地表が凍結、融解を繰り返して、なだらかに波打つ丘陵(波状丘陵)が誕生しました。
明治中期までは、丘陵は森林でしたが、ニシン漁全盛時代の伐採、相次ぐ山火事のため、笹が主体の草原となったもの。

そんな地形を生かし、周辺の酪農家から受託した肉牛を、草原に放牧し、海風を受けてミネラル豊富な草を食(は)んで健康な成牛へと育てるための公共育成牧場で、昭和59年から5年計画で農業用地として開発しました。

現在、宗谷岬牧場では、ホルスタイン種と黒毛和牛との一代交雑種(F1=first filial generatio)、黒毛和牛同士を交配した肉牛を飼育しています。
通常は、濃厚飼料を与えて14ヶ月~17ヶ月で成長させて出荷するのですが、宗谷岬牧場では、ミネラル分豊富な野草、牧草地で育てた自家産牧草などを24ヶ月~29ヶ月に渡って与え、のんびりと放牧させることによってストレスや病気を防いで育てているのです。
こうして育てた牛が「宗谷黒牛」(稚内ブランド認定)で、しっかりとした濃厚な赤身と、淡白な脂肪のハーモニーは、「ゲストハウスアルメリア」などで味わうことができます。

宗谷岬牧場
稚内ブランド認定の「宗谷黒牛」
宗谷岬牧場
名称 宗谷岬牧場/そうやみさきぼくじょう
所在地 北海道稚内市宗谷岬328
関連HP 宗谷岬牧場公式ホームページ
ドライブで 稚内空港から約22km
問い合わせ 宗谷岬牧場 TEL:0162-76-2456/FAX:0162-76-2552
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
ゲストハウスアルメリア

ゲストハウスアルメリア

北海道稚内市、宗谷岬背後に広がる北海道遺産に登録された宗谷丘陵。その宗谷丘陵の丘の上に建つ「宗谷丘陵展望休憩施設」がゲストハウスアルメリア。風車が目印の建物で、併設のレストランではオリジナルブランド「宗谷黒牛」や稚内名物の「たこしゃぶ」など

宗谷岬

北緯45度31分14秒、日本最北端の岬で、突端には日本最北端の地碑が立っています。晴れた日には、宗谷海峡を挟んで約43km離れている樺太(サハリン)南端のクリリオン岬もはっきりと視認できます。地碑近くには1808(文化5)年、サハリンに向か

宗谷丘陵

宗谷丘陵

宗谷岬南部に広がる丘陵地帯は、2万~1万年前に起こった地球最後の氷河期「ウルム氷河期」に氷河の周辺で、大地が溶けたり凍結したりを繰り返しながら生まれた波状丘陵。「宗谷丘陵の周氷河地形」として北海道遺産にも登録されています。丘の上には57基の

宗谷岬ウインドファーム

宗谷岬ウインドファーム

北海道稚内市、最北端の宗谷岬の背後に広がる北海道遺産に登録の宗谷丘陵(「宗谷丘陵の周氷河地形」)。その宗谷丘陵にあるのがユーラスエナジーグループの宗谷岬ウインドファーム。宗谷岬には北海道随一の波状丘陵が広がり、丘の上は見渡す限りの牧草地。そ

日本最北端の地の碑

日本最北端の地の碑

北海道稚内市宗谷岬、宗谷岬の先端に立つのが、日本最北端の地の碑。北極星の一稜をかたどった三角錐をデザインしたもので、塔の中央にあるNは北を、台座にの円形は「平和と協調」を表現。昭和63年の国道拡張で、20mほど岩礁に出っ張り、サイズもひと回

宗谷岬郵便局

宗谷岬郵便局

北海道稚内市宗谷岬、宗谷岬の突端(日本最北端の地の碑)からオホーツク海側に少し走った宗谷港宗谷岬会館近くにある日本最北の郵便局が、宗谷岬郵便局。ここで葉書を買って投函すれば「日本最北端の郵便局 北海道宗谷岬」と記される風景印を押してもらえる

日本最北端の店 柏屋

日本最北端の店 柏屋

北海道稚内市宗谷岬、「日本最北端の地の碑」に東側、海岸側に立地するので、名実ともに日本最北端の店ということに。経営する会社名も最北観光と、最北端が売りに。入口の三角屋根は宗谷岬をイメージしているのだとか。日本最北端到着証明書を販売するほか、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ