保戸島夏祭り|津久見市

保戸島夏祭り

2019年7月5日(金)〜7月6日(土)、大分県津久見市の保戸島で『保戸島夏祭り』が行なわれます。天文4年(1535年)、保戸島の鎮護社として、京の賀茂別雷神社(上賀茂神社)から別雷神の分霊を勧請して創建された加茂神社の夏季大祭。神楽奉納や鮮魚のつかみ取り、水上ゴザ走り、花火大会などが行なわれます。

保戸島の鎮守、加茂神社の夏祭り

保戸島夏祭り

保戸島は、津久見港から約14kmの豊後水道に浮かぶ周囲4kmの島。
明治中頃に始まったマグロ漁業が今も盛んです。
その家並みは水産庁の「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」にも選定されています。
保戸島の漁師が過酷な漁の合間に手早く栄養が取れるようにと考案された漁師料理「ひゅうが丼」が名物。

初日が宵宮で、加茂神社で御神楽奉納、海上安全・大漁祈願、夜神楽など。
2日目が本祭で、御神楽奉納、魚のつかみ取り大会、花火大会など。

これが噂の「ひゅうが丼」
保戸島夏祭り|津久見市
開催日時 2019年7月5日(金)〜7月6日(土)
所在地 大分県津久見市保戸島
場所 保戸島
関連HP 津久見市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR津久見駅から徒歩5分で津久見港。津久見港から定期船で25分
ドライブで 東九州自動車道津久見ICから約3.7kmで津久見港。津久見港から定期船を利用
駐車場 ​津久見港無料駐車場を利用
問い合わせ 津久見市観光協会 TEL:0972-82-9521/ FAX:0972-82-7106
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ