津久見港離島ターミナル(旅客船乗り場)

津久見港離島ターミナル(旅客船乗り場)

大分県津久見市、豊後水道に浮かぶ島、保戸島(ほとじま)と、椿咲く無垢島(むくしま)への旅客船が出航するのが津久見港。保戸島へは「やま丸」の運航する高速船マリンスター、高速船ニューやま2号で25分の船旅。無垢島は津久見市営の旅客船「カメリアスター」で30分の船旅です。

保戸島、無垢島への高速船、旅客船が出航

津久見港の船客ターミナル周辺はみなとオアシスとして整備され、つくみん公園(臨海公園)があるほか、隣接してスーパーのマルショク津久見店もあって便利です。

保戸島へは1日6便ほどあり、便利。
乗船時に、直接乗り場へいけばOKです。
ともにフェリーではないので、乗用車の航走はできません。

無垢島には民宿がありますが、保戸島は旅館が廃業し宿泊施設がないため、津久見保戸島航路の最終便に乗り遅れないように注意が必要。

津久見港離島ターミナル(旅客船乗り場)
名称 津久見港離島ターミナル(旅客船乗り場)/つくみこうりとうたーみなる(りょきゃくせんのりば)
所在地 大分県津久見市中央町760-114
関連HP 津久見市公式ホームページ
電車・バスで JR津久見駅から徒歩5分
ドライブで 東九州自動車道津久見ICから約4km
駐車場 津久見港離島ターミナル駐車場(40台/無料)、つくみん公園(100台/無料)を利用
問い合わせ 津久見市経営政策課 TEL:0972-82-9510/FAX:0972-82-9520
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
保戸島港

保戸島港

大分県津久見市、四浦半島(ようらはんとう)の先端、豊後水道に浮かぶ島、保戸島(ほとじま)の玄関口となるのが保戸島港。四浦半島先端の間元漁港から目と鼻の先にありますが、高速船が出向するのは津久見港(離島ターミナル)。所要25分の船旅で保戸島港

保土島

保土島

大分県津久見市、四浦半島のすぐ先、豊後水道に浮かぶ島が、保土島(ほとじま)。マグロ延縄漁業の技術は日本一ともいわれ、明治から昭和にかけてマグロ漁業基地として発展した全国有数の漁港が保戸島港。港町(保土島集落)の異色の景観は、水産庁の「未来に

つくみん公園

つくみん公園

大分県津久見市、みなとオアシスとして整備される津久見港の臨海公園が、つくみん公園。正式名は港中央公園。「海遊王国シートピア」がモチーフで、ビッグウェーブスライダー、シェルアイランド、ホエールサブマリンなどなど、ユニークな形の大型遊具が並び、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ