唐招提寺・経蔵

唐招提寺舎利殿(鼓楼)の東に建つ2つの校倉は北側が宝蔵、南側が経蔵でともに天平時代に建てられたものが現存し、国宝に指定されています。とくに経蔵は、唐招提寺創建以前、新田部親王(にいたべしんのう)の邸宅だった頃の遺構(米倉)で正倉院宝庫よりも古い、日本最古の校倉建築として貴重なもの。

高床式の校倉は新田部親王邸の米倉

新田部親王は、天武天皇の皇子。冠位四十八階における皇親の最高位である「明一品」で、朝廷直轄の軍事力(五衛府・授刀舎人寮)の統括者として活躍。
735(天平7)年9月30日薨去。
死後、その邸宅跡が鑑真に与えられ唐招提寺が創建されています。
その創建にあたり、校倉造の米倉が経蔵として再生されたもの。

この経蔵が、国宝がズラリと並ぶ、唐招提寺でも最も古い建造物となっています。
隣接して建てられた新宝蔵には、山内の文化財を収蔵。

経蔵と宝蔵の外観はよく似ていますが、大きさは少しだけ経蔵の方が小ぶり。
現在は寄棟造りですが、もともと切妻造りだったと推測されています。

唐招提寺は「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録。

唐招提寺・経蔵 DATA

名称 唐招提寺・経蔵/とうしょうだいじ・きょうぞう
Toshodaiji Temple,Kyozo(sutra repository)
所在地 奈良県奈良市五条町13-46
関連HP 唐招提寺公式ホームページ
電車・バスで JR奈良駅から奈良交通バス六条山行きで17分、唐招提寺下車すぐ。または近鉄橿原線西ノ京駅から徒歩10分
ドライブで 京奈和自動車道木津ICから約7.5km
駐車場 150台/有料
問い合わせ TEL:0742-33-7900/FAX:0742-33-5266
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

唐招提寺

2017.11.23

唐招提寺・鼓楼

2017.11.23

唐招提寺・宝蔵

2017.11.23

唐招提寺・芭蕉句碑

2017.11.23

唐招提寺・御影堂

2017.11.23

唐招提寺・南大門

2017.11.23

唐招提寺・講堂

2017.11.22

唐招提寺・金堂

2017.11.22

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ