日暮山展望台

日暮山展望台

北海道亀田郡七飯町、大沼公園の小沼と蓴菜沼(じゅんさいぬま)の間にある、標高303.4mの日暮山(ひぐらしやま)の山頂にある展望台が日暮山展望台。眼下に小沼、その向こうに大沼が広がり、北側には、なだらかな裾野を広げる駒ヶ岳の雄大な姿も一望のもと。湖畔めぐりとはひと味違った雄大な景観を堪能できます。

山頂近くまで車で到達可能

昭和の初めまでは小沼山、所有者の名をとって笠原山と呼ばれていましたが、眺めの素晴らしさに見とれ、日の暮れるのも忘れてしまうほどということから日暮山に。
入口から1.5kmのダートを走るので対向車に注意が必要。
徒歩の場合は登山口から1.6km、30分ほど。
運が良ければ雲海を眺めることも。

名称 日暮山展望台/ひぐらしやまてんぼうだい
所在地 北海道亀田郡七飯町西大沼町
関連HP 函館市公式観光情報サイト
電車・バスで JR大沼公園駅からタクシーで10分
ドライブで 函館空港から約32km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 大沼国際交流プラザ TEL:0138-67-2170
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ