宝厳院『夜間特別拝観』(紅葉ライトアップ)|京都市|2019

宝厳院『夜間特別拝観』(紅葉ライトアップ)

2019年11月8日(金)~12月8日(日)17:30~20:30(閉門/受付終了本堂20:00、庭園20:15)、京都市の天龍寺塔頭・宝厳院(ほうごんいん)で『秋の夜間特別拝観』(紅葉ライトアップ)が行なわれます。江戸時代の「都林泉名勝庭園」に紹介の洛西名庭園「獅子吼の庭」(ししくのにわ) の特別公開です。

「獅子吼」とは「仏が説法する」の意

宝厳院『夜間特別拝観』(紅葉ライトアップ)

回遊式山水庭園 「獅子吼の庭」は、天龍寺開山・夢窓疎石(むそうそせき=天龍寺庭園の作庭で有名)の法孫である策彦周良(さくげんしゅうりょう)の作と伝わります。
「獅子吼」とは「仏が説法する」の意で、庭園内を散策し、鳥の声、風の音を聴くことで、人生の心理、正道を肌で感じ、心が癒される庭になっています。
嵐山を借景に取り入れた庭を染め上げる紅葉と境内をライトアップ。

カエデ、イチョウ、ドウダンツツジが多く、紅葉の見頃は例年11月中旬~12月上旬。
本堂では田村能里子筆の障壁画「風河燦燦三三自在」(ふうがさんさん さんさんじざい)の観賞もできます。

宝厳院『夜間特別拝観』(紅葉ライトアップ)|京都市
開催日時 2019年11月8日(金)~12月8日(日)17:30~20:30(閉門/受付終了本堂20:00、庭園20:15)
所在地 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
場所 宝厳院
関連HP 宝厳院公式ホームページ
電車・バスで 京福嵐山本線嵐山駅から徒歩5分、JR嵯峨嵐山駅から徒歩10分、阪急嵐山線嵐山駅から徒歩15分
ドライブで 名神高速道路京都南ICから約13km
駐車場 天龍寺駐車場(100台/有料)
問い合わせ TEL:075-861-0091/FAX:075-861-0034
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
天龍寺

天龍寺

嵐山の渡月橋の北、広大な寺地を誇るのが臨済宗天竜寺派の総本山、天龍寺。1339年(延元4)、足利尊氏(あしかがたかうじ)が後醍醐天皇供養のため、夢窓国師を開山とし後嵯峨天皇の仙洞御所、亀山上皇が仮御所を禅寺に改めた名刹。京都五山の第一位で、

京都 紅葉ライトアップ&夜間特別拝観 完全ガイド|2019

秋の紅葉がひときわ美しいのが京都の庭園。紅葉の見頃に合わせて人気の寺では「秋の夜間特別拝観」にあわせて紅葉ライトアップが行なわれます。上手にプランニングすれば、洛東、洛西などでは、事前に地図を確認しておけばライトアップした社寺を巡るナイトウ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ