若喜商店

若喜商店

福島県喜多方市にある宝暦5年(1755年)、若松屋喜祖衛門が創業という老舗の味噌醤油醸造所が若喜商店。蔵座敷・倉庫蔵・道具蔵など8棟の煉瓦(レンガ)建築が現存。店舗部分は昭和6年に洋風の食料品店として建築されたもの。レトロな煉瓦蔵、座敷蔵、店舗は国の登録有形文化財に指定されています。

宝暦5年創業の味噌醤油醸造所

若喜商店

代々「喜一郎」を襲名して味噌醤油を製造する若喜商店。
昔ながらの手作りで天然仕込みの醤油「若喜天然醸造醤油」 (こいくち醤油、塩分濃度16.0~16.5 度)などお土産にも絶好。

とくに、「若喜天然醸造醤油」は、地元産の丸大豆、小麦、赤穂の天塩(あこうのあましお=にがりを含んだあら塩)を土蔵のなかに置いた木桶で2年間ゆっくり熟成させたもの。

鰹節だし、昆布だし、帆立だしを加えた「若喜だし醤油」(アミノ酸等の調味料は使っていません)は、かけ醤油にはもちろんですが、麺つゆ、天つゆにも絶好。
伝統的でかつ自然由来という、貴重な醤油を喜多方の土産に、ぜひ。

店舗の建物は、地元出身で、後に大成建設社長となる本間嘉平の設計。
設計当時、本間嘉平はまだ東京工業大学の学生でしたが、7代目・冠木喜一郎はその才能を信じ、卒業制作として店舗の設計を任せたのです。

屋根をコンクリートスラブ陸屋根、外壁をスクラッチス・タイル張りとして、当時流行のモダニズム(1920年代に機能主義、合理主義の建築として成立した機能的、合理的な造形理念に基づく建築/日本では大阪瓦斯ビルヂングなどが有名)の意匠でまとめられています。
八角の小窓がアクセントを付け、町並みに異彩を放っています。

若喜商店
名称 若喜商店/わかきしょうてん
所在地 福島県喜多方市3-4786
関連HP 若喜商店公式ホームページ
電車・バスで JR喜多方駅から徒歩12分
ドライブで 磐越自動車道会津若松ICから約16km。または、会津坂下ICから約18km
駐車場 8台/無料
問い合わせ 若喜商店 TEL:0241-22-0010/FAX:0241-23-1446
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
若喜商店煉瓦蔵

若喜商店煉瓦蔵

福島県喜多方市にある宝暦5年(1755年)、若松屋喜祖衛門が創業という老舗の味噌醤油醸造所が若喜商店。明治37年の鉄道開通に際して喜多方では煉瓦(レンガ)の生産が始まりますが、民間利用の第1号が明治38年築の若喜商店の煉瓦蔵。店舗の背後に、

若喜.昭和館

若喜.昭和館

福島県喜多方市にある宝暦5年(1755年)、若松屋喜祖衛門が創業という老舗の味噌醤油醸造所が若喜商店。若喜商店の冬は天然仕込みの醤油工場となるスペースを、夏場だけ駄菓子と和雑貨の店として営業するのが若喜.昭和館。1階は駄菓子屋、2階の板張り

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ