まこと食堂

まこと食堂

福島県喜多方市のご当地ラーメン、喜多方ラーメンの人気の食堂が、まこと食堂。喜多方ラーメンのルーツである源来軒、塩味スープの坂内食堂とともに「喜多方ラーメン御三家」のひとつ。まこと食堂は醤油味スープの代表格の店で、喜多方産の醤油をベースに、煮干と豚骨でダシとっています。

喜多方で醤油ベースのラーメンといえばこの店!

創業者の佐藤ウメさんは、もともと麻雀屋を営み、その後、下宿屋とうどん屋に転身。
下宿した女性から東京で支那そばが流行っていると聞かされ、研究に研究を重ねて生み出したのが、醤油味の支那そば。
こうして、戦後間もない昭和22年に「まこと食堂」が誕生するのです。
現在の喜多方ラーメンの主流である醤油味は、まこと食堂が基本だといわれています(まこと食堂では、創業当時から変わらない配合で数種類の醤油をブレンドしています)。

現在は4代目となる佐藤リカさんが店主。
今も朝から営業し、開店と同時に地元の人が詰めかけています。
ちなみに地元では、ソースカツ丼の名店としても有名。
「自分の代で店を閉めると決めている」というので、喜多方に行ったらぜひ寄り道を。

まこと食堂
名称 まこと食堂/まことしょくどう
所在地 福島県喜多方市小田付道下7116
電車・バスで JR喜多方駅から徒歩18分
ドライブで 磐越自動車道会津若松ICから約16km。または、会津坂下ICから約17.6km
駐車場 6台/無料
問い合わせ まこと食堂 TEL:0241-22-0232
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
坂内食堂

坂内食堂

福島県喜多方市のご当地ラーメン、喜多方ラーメンの人気の食堂が、坂内食堂。コシのある太めのちぢれ麺と、自家製のチャーシューが全国区の人気となっています。喜多方ラーメンの代名詞的な存在でもあるため、休日などには店の前に長い行列ができることも。源

源来軒

源来軒

福島県喜多方市(きたかたし)、大正末期に中国・浙江省(せっこうしょう)から日本へやって来た潘欽星(ばんきんせい)氏が屋台から始めたという喜多方ラーメンの元祖の店が、源来軒。昭和元年創業ですが、店を構える前に2年ほど屋台で手打ちラーメンを売っ

日本三大ラーメン

日本三大ラーメンとは!?

あまり耳慣れない言葉ですが、「日本三大ラーメン」といわれるのが、博多、札幌、喜多方。いずれにも共通するのが屋台から始まったという点です。博多ラーメンは、森堅太郎氏が中洲で屋台「三馬路」を開業。札幌ラーメンは西山仙治氏の屋台「だるま軒」が、喜

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ