元祖円盤餃子 満腹

元祖円盤餃子 満腹

宇都宮市、浜松市、宮崎市と並ぶ餃子の街、福島県福島市。その福島市にある昭和28年創業の餃子専門店が元祖円盤餃子満腹。福島餃子は円盤型に焼き上げるのが特徴で、その「円盤餃子」のルーツが満腹。餃子は皮からすべて手作りで、なかに入れるあんは、創業当初から白菜にこだわっているのが特徴。

満州引き揚げ者・菅野かつゑさんの味を伝承!

元祖円盤餃子 満腹

初代・菅野かつゑさんが、昭和28年、福島稲荷神社近くの闇市で、リヤカーを引いて店を始めたのが始まり。
餃子の作り方は、満州時代に大連(現・中華人民共和国遼寧省大連市)で教えられたとおりで、白菜は切ったあと脱水し、さらに冷蔵庫で2日間寝かして水分を飛ばすというこだわり。
具は白菜に豚ひき肉、長ネギ、ニラ。

手練り手延ばしの皮も、2種類の強力粉を軟水・硬水練り、最低2日間熟成させています。
作業はすべて手作業なので、分業して毎日数名がこの仕込みを行なっています。

円盤型にしたのも、満州では、旧正月に水餃子を作る習慣があり、余った水餃子を満州発祥の平底鍋に丸く並べて焼く鍋貼(グオティエ)で食べていたのをヒントにしたのだとか。

福島市周辺は満州からの引き上げ者が多かったため、創業時にはお客が列をなし、それで、昭和30年代後半から円盤型の福島餃子が広がるきっかけになったのです。

円盤餃子は、1皿30個が並びますが(小粒で食べやすいのが特徴)、サイドメニューにはご飯がないのも、餃子は皮を食べるもの(満州では水餃子は主食)という初代からの信念が背景に(その分、皮がバツグンの旨さです)。
「餃子を肴にビールを飲む人が多い」というのも頷けます。

餃子は、特製タレ(タレの配合も創業当時から)にすりおろしニンニクを加えて味わうのが定番。
「かつゑばあちゃんにはこだわりがあって、ラー油、酢、醤油の順に小皿に入れないと、常連でもやり直しさせていました」(当主の4代目・椎野仁子さん)。

「自分たちが一番おいしいと思う、かつゑばあちゃんの餃子の味を守り続けることが大切」という元祖円盤餃子、伝統とこだわりを頑なに守る元祖ならではの味が楽しめるのです。

円盤餃子は、お土産としてテイクアウトも可能ですが、焼き時間がかかるので、予約がおすすめです。

元祖円盤餃子 満腹
名称 元祖円盤餃子 満腹/がんそえんばんぎょうざ まんぷく
所在地 福島県福島市仲間町1-24
関連HP 元祖円盤餃子 満腹公式ホームページ
電車・バスで JR福島駅から徒歩15分
ドライブで 東北自動車道福島西ICから約5.8km
問い合わせ 元祖円盤餃子 満腹 TEL:024-521-3787
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ