第二只見川橋梁

第二只見川橋梁

福島県大沼郡三島町、JR東日本・只見線(ただみせん/会津若松駅〜小出駅)の只見川に架る鉄道橋が第二只見川橋梁。国鉄会津線(現・只見線)の会津柳津駅〜会津宮下駅間の延伸工事で昭和15年に完成、昭和16年に供用開始した橋で、国道400号沿いにビューポイントが設けられています。

SL運転日にはC11形蒸気機関車が渡るシーンの撮影も

第二只見川橋梁
トラス部分を渡る「SL会津只見号」

会津西方駅から国道400号を約400mほど進んだ福島県道344号(名入西方停車場線)との分岐に只見線沿線の景観プロジェクトによって雑木除去などをした第二只見川橋梁眺望ポイントが設けられています。
車の場合は分岐近くに駐車スペースが用意され、便利。

全長190.27mの橋は、ワーレントラス橋(トラスが逆「W」形なのが特徴)にプレートガーダー橋を合わせたスタイルで、ワーレントラスは横河橋梁製作所(現・横河ブリッジ)の製造。

第二只見川橋梁は、県境の六十里越トンネル、第一只見川橋梁、第三只見川橋梁、第四只見川橋梁などとともに「只見線鉄道施設群」(17施設)のひとつとして土木学会選奨土木遺産に認定されています。

第二只見川橋梁
名称 第二只見川橋梁/だいにただみがわきょうりょう
所在地 福島県大沼郡三島町名入上居平〜大登
関連HP 三島町観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR会津宮下駅から徒歩10分
ドライブで 磐越自動車道会津坂下ICから約17km
駐車場 2台/無料
問い合わせ 三島町観光協会 TEL:0241-48-5000/FAX:0241-42-7072
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
第一只見川橋梁

第一只見川橋梁

福島県大沼郡三島町、JR東日本・只見線(ただみせん/会津若松駅〜小出駅)の只見川に架る鉄道橋が第一只見川橋梁。国鉄会津線(現・只見線)の会津柳津駅〜会津宮下駅間の延伸工事で昭和13年に完成、昭和16年に供用開始した橋で、只見線随一の鉄道撮影

かねやまふれあい広場

奥会津ビューポイント かねやまふれあい広場

只見川沿いに走るJR只見線は、SLが客車や貨車を牽引した時代から鉄道ファンに人気のローカル線で、車窓風景もなかなかの絶景ですが、「乗り鉄」だけでなく、「撮り鉄」にも注目のスポットが数多い線になっています。水をたたえる只見川沿いを走り、背後に

第三只見川橋梁

第三只見川橋梁

福島県大沼郡三島町、JR東日本・只見線(ただみせん/会津若松駅〜小出駅)の只見川に架る鉄道橋が第三只見川橋梁。国鉄会津線(現・只見線)の会津宮下駅〜会津川口駅間の延伸工事で昭和28年に完成、昭和31年に供用開始した橋で、国道252号の高清水

第四只見川橋梁

第四只見川橋梁

福島県大沼郡三島町、JR東日本・只見線(ただみせん/会津若松駅〜小出駅)の只見川に架る鉄道橋が第四只見川橋梁。国鉄会津線(現・只見線)の会津宮下駅〜会津川口駅間の延伸工事で昭和28年に完成、昭和31年に供用開始した橋で、並走する国道252号

みやしたアーチ三兄(橋)弟

みやしたアーチ三兄(橋)弟

福島県大沼郡三島町の宮下地区で近年話題となっているのが、3つのアーチ橋を眺める景観で、地元ではみやしたアーチ三兄(橋)弟としてPRしています。JR只見線会津宮下駅近くで、重なった3つのアーチ橋を撮影できるのは、全国でもここだけということで、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ