山中トンネル(旧北陸線トンネル群)

山中トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県敦賀市元比田・南越前町山中にある明治29年に完成した鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の山中トンネル。福井県道207号今庄杉津線の道路トンネルに転用されていますが、旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財、土木学会の選奨土木遺産に認定される11隧道のひとつで、最長の隧道です。

今庄側には山中信号場(スイッチバック)が!

山中トンネル(旧北陸線トンネル群)
山中信号所側入口の左側にスイッチバックの行き止まりトンネルが現存
山中トンネル(旧北陸線トンネル群)
全長1170mでトンネル群では最長

昭和37年6月10日に北陸トンネルが開通するまでは、北陸線は、山岳路線の山中峠ルート(明治29年開通)で、4ヶ所のスイッチバックで25‰(パーミル)の急勾配を克服し、3ヶ所の駅、3ヶ所の信号場、11ヶ所のトンネル、1ヶ所のロックシェッドで越前と若狭を隔てる難所を克服していました。

旧北陸線トンネル群のなかで最長のトンネルが、山中峠(現・敦賀市と南越前町の境)を越す部分の山中トンネルで、全長1170m、幅員3.7m。
幅員が狭いのは、単線だったからです。

山中トンネルの北側(今庄側)には山中信号所があり、スイッチバックで高度差を克服。
そのため北側のトンネル入口(今庄側・山中信号所口)には、スイッチバックして入る側線のトンネル(スイッチバック延伸用トンネル)が残されていますが、行き止まりになっています(トンネル内で方向転換)。

北側(今庄側・山中信号所口)トンネル入口には「徳垂後裔」(とくすいこうえい)という建設時の逓信大臣・黒田清隆(くろだきよたか=後に第二代内閣総理大臣に就任)の筆による扁額が掲げられています。
徳は後裔に垂れると読み、トンネルのできた恩恵は子々孫々まで残されるという意味です。
南口には、やはり黒田清隆の「功和干時」(こうわうじ=事業の完成は時代の要請にあっているの意)の石額が掲げられていました。
オリジナルの扁額は、ともに長浜鉄道スクエア(滋賀県長浜市)の敷地に移設保存され、北口には「徳垂後裔」のレプリカが掲げられています。

旧北陸線は鉄道庁によって明治26年に着工され、明治29年に敦賀〜福井間が開業してりますが、開業ギリギリまで工事が行なわれたのが、トンネルが長大な山中トンネルと葉原トンネル(979m)です。

現在は、福井県道207号今庄杉津線の道路トンネルに転用されていますが、この県道が往時の日本海と琵琶湖北岸の長浜を結んだ鉄道(明治29年開業、旧北陸線、昭和37年6月10日の北陸トンネル開通で廃止)の跡です。

山中トンネルは、旧北陸線トンネル群の他のトンネル、小刀根トンネル、柳ヶ瀬トンネルなどとともに、日本遺産「海を越えた鉄道〜世界へつながる 鉄路のキセキ〜」の構成資産にもなっています。

山中トンネル(旧北陸線トンネル群)
敦賀側の入口
山中トンネル(旧北陸線トンネル群)
名称 山中トンネル(旧北陸線トンネル群)/やまなかとんねる(きゅうほくりくせんとんねるぐん)
所在地 福井県敦賀市元比田~南越前町山中
ドライブで 北陸自動車道今庄ICから約13km、敦賀ICから約20km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧北陸線曲谷トンネル

曲谷トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県敦賀市大比田にある明治28年頃に完成したと推測できる鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の曲谷トンネル。福井県道207号今庄杉津線の道路トンネルに転用されていますが、県道207号には転用された鉄道トンネルなどが数多く残り、旧北陸線トンネル群と

長浜鉄道スクエア

長浜鉄道スクエア

旧長浜駅舎、長浜鉄道文化館、北陸線電化記念館の3施設からなるミュージアムが長浜鉄道スクエア。長浜駅は明治15年、長浜〜敦賀聞を結ぶ北陸線の始発駅として、さらに長浜と大津を結ぶ琵琶湖の鉄道連絡船に接続する駅として開業しました。琵琶湖の鉄道連絡

北陸トンネル

北陸トンネル

福井県の敦賀市と南越前町の間、北陸本線の最難関部分だった木ノ芽峠の直下に位置する鉄道トンネルが北陸トンネル。昭和37年6月10日開通し、北陸本線のスピードアップが図られましたが、それ以前は、単線で、山中峠をスイッチバックとトンネル群で克服し

山中信号場跡(旧北陸線トンネル群)

山中信号所跡(旧北陸線トンネル群)

福井県南条郡南越前町山中にある旧北陸線トンネル群のうち最長の山中トンネルの北側出口にあるのが山中信号所跡。旧北陸線の山中峠越えの高度差をスイッチバックで克服するもので、山中信号場からいったん行き止まりのトンネルに入り、スイッチバックした後、

芦谷トンネル(旧北陸線トンネル群)

芦谷トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県敦賀市元比田・大比田、明治27年に完成した鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の芦谷トンネル(あしたにとんねる)。福井県道207号今庄杉津線の道路トンネルに転用されていますが、旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財、土木学会の選奨土木遺産

葉原トンネル(旧北陸線トンネル群)

葉原トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県敦賀市葉原・阿曽、明治29年に完成した鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の葉原トンネル(はばらとんねる)。道路トンネルに転用されていますが、旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財、土木学会の選奨土木遺産に認定される11隧道のひとつです。

湯尾トンネル(旧北陸線トンネル群)

湯尾トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県南条郡南越前町湯尾、明治28年頃に完成した鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の湯尾トンネル(ゆのおとんねる)。道路トンネルに転用されていますが、旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財、土木学会の選奨土木遺産に認定される11隧道のひとつで

伊良谷トンネル(旧北陸線トンネル群)

伊良谷トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県敦賀市元比田、明治28年頃に完成した鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の伊良谷トンネル(いらだにとんねる)。福井県道207号今庄杉津線の道路トンネルに転用されていますが、旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財、土木学会の選奨土木遺産に認

樫曲トンネル(旧北陸線トンネル群)

樫曲トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県敦賀市獺河内(うそごうち)、明治26年に完成した鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の樫曲トンネル(かしまがりとんねる)。国道脇の歩行者用のトンネルに転用されていますが、旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財、土木学会の選奨土木遺産に認定

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ