芦谷トンネル(旧北陸線トンネル群)

芦谷トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県敦賀市元比田大比田、明治27年に完成した鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の芦谷トンネル(あしたにとんねる)。福井県道207号今庄杉津線の道路トンネルに転用されていますが、旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財、土木学会の選奨土木遺産に認定される11隧道のひとつです。

曲谷トンネルと連続するレンガ・石造トンネル

芦谷トンネル(旧北陸線トンネル群)

曲谷トンネルの100m北方に位置する全長223m、幅員3.7mの直線状の鉄道トンネル。
側壁・待避所を含めてレンガ造りですが、坑門は北陸土木会社が関わった他の隧道と同じで、石積みは笠石、帯石を有した江戸切仕上げで丁寧な造り。

北陸線は、山岳路線の山中峠ルート(明治29年開通)を使い、4ヶ所のスイッチバックで25‰(パーミル)の急勾配を克服し、3ヶ所の駅、3ヶ所の信号場、11ヶ所のトンネル、1ヶ所のロックシェッドで越前と若狭を隔てる難所を克服していましたが、昭和37年6月10日に北陸トンネルの開通で廃線となり、廃線跡が道路に転用されています。

芦谷トンネルは、旧北陸線トンネル群の他のトンネル、小刀根トンネル、柳ヶ瀬トンネルなどとともに、日本遺産「海を越えた鉄道〜世界へつながる 鉄路のキセキ〜」の構成資産にもなっています。

芦谷トンネル(旧北陸線トンネル群)
名称 芦谷トンネル(旧北陸線トンネル群)/(きゅうほくりくせんとんねるぐん)
所在地 福井県敦賀市大比田・元比田
ドライブで 北陸自動車道今庄ICから約15km、敦賀ICから約17km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧北陸線曲谷トンネル

曲谷トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県敦賀市大比田にある明治28年頃に完成したと推測できる鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の曲谷トンネル。福井県道207号今庄杉津線の道路トンネルに転用されていますが、県道207号には転用された鉄道トンネルなどが数多く残り、旧北陸線トンネル群と

山中トンネル(旧北陸線トンネル群)

山中トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県敦賀市元比田・南越前町山中にある明治29年に完成した鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の山中トンネル。福井県道207号今庄杉津線の道路トンネルに転用されていますが、旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財、土木学会の選奨土木遺産に認定され

北陸トンネル

北陸トンネル

福井県の敦賀市と南越前町の間、北陸本線の最難関部分だった木ノ芽峠の直下に位置する鉄道トンネルが北陸トンネル。昭和37年6月10日開通し、北陸本線のスピードアップが図られましたが、それ以前は、単線で、山中峠をスイッチバックとトンネル群で克服し

山中信号場跡(旧北陸線トンネル群)

山中信号所跡(旧北陸線トンネル群)

福井県南条郡南越前町山中にある旧北陸線トンネル群のうち最長の山中トンネルの北側出口にあるのが山中信号所跡。旧北陸線の山中峠越えの高度差をスイッチバックで克服するもので、山中信号場からいったん行き止まりのトンネルに入り、スイッチバックした後、

葉原トンネル(旧北陸線トンネル群)

葉原トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県敦賀市葉原・阿曽、明治29年に完成した鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の葉原トンネル(はばらとんねる)。道路トンネルに転用されていますが、旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財、土木学会の選奨土木遺産に認定される11隧道のひとつです。

湯尾トンネル(旧北陸線トンネル群)

湯尾トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県南条郡南越前町湯尾、明治28年頃に完成した鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の湯尾トンネル(ゆのおとんねる)。道路トンネルに転用されていますが、旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財、土木学会の選奨土木遺産に認定される11隧道のひとつで

伊良谷トンネル(旧北陸線トンネル群)

伊良谷トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県敦賀市元比田、明治28年頃に完成した鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の伊良谷トンネル(いらだにとんねる)。福井県道207号今庄杉津線の道路トンネルに転用されていますが、旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財、土木学会の選奨土木遺産に認

樫曲トンネル(旧北陸線トンネル群)

樫曲トンネル(旧北陸線トンネル群)

福井県敦賀市獺河内(うそごうち)、明治26年に完成した鉄道トンネルの遺構が旧北陸線の樫曲トンネル(かしまがりとんねる)。国道脇の歩行者用のトンネルに転用されていますが、旧北陸線トンネル群として国の登録有形文化財、土木学会の選奨土木遺産に認定

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ