筑波宇宙センター

筑波宇宙センター

茨城県つくば市、筑波研究学園都市にある宇宙航空研究開発機構・JAXA(ジャクサ)の公開施設が、筑波宇宙センター。日本の宇宙開発の中心的な役割を担う研究実験機関で、実際に多くの職員が働いき、ロケット、人工衛星、惑星探査衛星などの開発や実験、レーダーによる衛星の探査などを行なっています。

JAXAが担った日本の宇宙開発の歴史と未来を紹介

昭和47年に宇宙開発の研究・開発の現場として誕生した筑波宇宙センター。
展示館「スペースドーム」ではJAXAが開発してきた各ロケットの20分の1縮尺モデル、人工衛星の試験モデル、全長50mというH-IIロケットの実機展示(正門近くの「ロケット広場」)や日本実験棟「きぼう」の実物大モデル、月周回衛星「かぐや」の試験モデルなどを見学でき、その巨大さに驚かされます。
「プラネットキューブ」ではテーマを変えて企画展示を実施。

見学は無料ですが事前予約制なので注意が必要。

筑波宇宙センター
名称 筑波宇宙センター/つくばうちゅうせんたー
所在地 茨城県つくば市千現2-1-1
関連HP 筑波宇宙センター公式ホームページ
電車・バスで JR荒川沖駅から関東鉄道バスつくばセンター方面行きで17分、物質研究所下車、すぐ
ドライブで 常磐自動車道桜土浦ICから約3km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 筑波宇宙センター TEL:029-868-2023/FAX:029-868-2851
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ